銀の剣

投稿日:2015/11/30 16:41:08 | 文字数:1,157文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

火花散らせ 迸る閃光が
すべての迷い 断ち切るだろう
光照らせ 燃えさかる眼差しが 
信じた道を 切り開くだろう

強さ求め 旅立ったあの頃は
ただ闇雲に 憧れただけ
弱さ認め 幾度かの敗北は
世界を知れた 価値ある代償

先の見えない 黒い空を
躊躇うことなく どこまでも切り裂くんだ

今こそ
力示せ 銀の剣で
誰より 
速く 速く 駆け抜けろ


染まる背中 戦士の誇りを
恐れず
熱く 熱く 貫いてゆけ


魔法使い 本当にいるのなら
どんな奇跡が 起こせるだろう
逃げていても 始まりは来ないから
立ち向かうこと 何かが変わる

夢を捨てず あきらめず生きること
不様な姿 晒すとしても
命あれば 未来すら制御して
宇宙の真理さえも凌駕する

暗黒時代 満ちた矛盾
この理不尽さに  稲妻を轟かせろ

明日に
繋ぐ今を 銀の剣で
広がる
闇を 闇を 振り払え

掲げた
理想高く 勝利をこの手に 
翼が
走る 走る 疾風のように


今こそ
力示せ 銀の剣で
誰より 
速く 速く 駆け抜けろ


染まる背中 戦士の誇りを
恐れず
熱く 熱く 貫いてゆけ

---------------------------------------------------------
ひばなちらせ ほとばしるせんこおが
すべてのまよい たちきるだろお
ひかりてらせ もえさかるまなざしが
しんじたみちお きりひらくだろお

つよさもとめ たびだあたあのころわ
ただやみくもに あこがれただけ
よわさみとめ いくどかのはいぼくわ
せかいおしれた かちあるだいしょお

さきのみえない くろいそらお
ためらうことなく どこまでもきりさくんだ

いまこそ
ちからしめせ ぎんのつるぎで
だれより
はやく はやく かけぬけろ

あかつき
そまるせなか (せん)しのほこりを
おそれず
あつく あつく つらぬいてゆけ


まほうつかい ほんとおにいるのなら
どんなきせきが おこせるだろお
にげていても はじまりわこないから
たちむかうこと なにかがかわる

ゆめおすてず あきらめずいきること
ぶざまなすがた さらすとしても
いのちあれば みらいすらせいぎょして
うちゅうのしんりさえもりょおがする

あんこくじだい みちたむじゅん
このりふじんさに いなずまおとどろかせろ

あしたに
つなぐいまお ぎんのつるぎで
ひろがる
やみお やみお ふりはらえ

かかげた
りそおたかく (しょー)りおこのてに
つばさが
はしる はしる はやてのよおに


いまこそ
ちからしめせ ぎんのつるぎで
だれより
はやく はやく かけぬけろ

あかつき
そまるせなか (せん)しのほこりを
おそれず
あつく あつく つらぬいてゆけ

ゆうきと申します。
よろしくお願いします。

最近、少しだけ時間が出来そうです。
まったりと活動していきます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP