ノエル

投稿日:2020/11/20 20:12:21 | 文字数:435文字 | 閲覧数:1,371 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

きっと なんて信じられなくなった
ゼロを唱えた

人々が賑わうレンガ道
透明な壁が阻んでいた

痛くない が怖くて
怖くない が怖くて
泣いてしまった

ベツレヘムの星でも
私なんか照らせない
過ぎた御業だ

一人きりで 爪先を濡らす
海の夜風にさえ疎まれて
雪の街の 灯りが遠ざかる
眠りすらもあるか分からない
水底へ

あなたの大事なモノを壊して
何も残らなかった

人肌の温度も分からない
空っぽの機械の体

生きてたいが死んでたい
死んでたいが生きてたい
欲張りにサンタさんは来ない

愚かしくてバカみたい
でもあなたを許せない
何も分からない

重い足を暗澹に浸す
教会からノエルが聴こえた
計算上 合理的な解で
プロメテウスさえも焼き去ってしまいたいな

月の光 子供達の声
ベルの音と白銀の港
聖歌隊のように並ぶクラゲ
きっと水はとても冷たい

一人きりで 爪先を濡らす
海の夜風にさえ疎まれて
雪の街の 灯りが遠ざかる
眠りすらもあるか分からない
水底へ

wotaku名義で音楽や動画を制作しています。
音楽制作ユニットJimmy'z名義でも活動中。

【マイリスト】
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/62138358

【連絡先】
メール wotakuwotaku@gmail.com
ツイッター @wotaku_aaa

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP