約束の花 自己解釈《1》 書き直し中。

投稿日:2012/10/13 19:32:58 | 文字数:863文字 | 閲覧数:274 | カテゴリ:小説 | 全4バージョン

ライセンス:

『もう』がたくさん入っている気がする。

美里です。新作です。約束の花です。レンカちゃん目線です。
http://www.youtube.com/watch?v=KL12hF_rjp4
本当にいい曲です。ぜひ聞いてください。

これ書き終わった後に、一度消えてしまいまして、本当ならもう少し長い予定でした。


今、千本桜を聞いているのですが、すごい曲です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『いつか大きくなったら、僕と結婚してくれる?』

『もちろん、してあげる!私もあなたと結婚したい!』


あなたは、憶えている?





約束の花 自己解釈《1》


窓の外は暗く、時計の針は寝る時間だということを示している。
明かりを消し、ベットに横たわると体はゆっくりと布団に沈んでいく。
眠りに着くために瞳を閉じる。

でも、瞼の裏には君の顔。

あの子を愛しげに見つめる、彼。
私は首を左右に振り、掻き消した。
何で浮かぶの?もう、あの約束を彼は忘れてしまっているでしょう?
自分に問いかけても、答は出なくて。
月明かりが薄ぼんやりとカーテンを照らす。


結局一睡もできなかった。だから、寝不足だ。
靴箱を開け、上靴に履き替える。
瞼が重い。ちゃんと寝ておくんだったと後悔した。
頬を数回叩いていると、足音が聞こえた。しかも、どんどん近づいてくる。顔を上げると、駆け寄ってくる少女と、それを追いかける少年。
「あ、レンカちゃん!おはよう!」
「おはよう、レンカさん」
「おはよう、リンさんにレンさん」
「さん付けはやめてよ、同い年なんだから」
リンさんは微笑む。その笑顔をみてると、彼が彼女を好きになったのも分かる気がする。
透き通る声と、可愛らしい笑顔。誰にでも優しい性格。
彼女は『可愛い』という言葉がよく似合う。

それから、教室まで一緒に行くことになった。私とレンさんが一組で、彼とリンさんが三組だ。
色々と喋ったが、リンさんは特にたくさん喋った。笑顔で。
やがて、三組の教室に着き、リンさんが手を振りながら教室に入って行く。レンさんはその姿を優しく見守っている。優しく、愛しげに。
一組の教室に着いた私たちは、教室へと入った。



授業が終わり、部活動に向かう生徒が廊下を行き来している。私はその中で下校するために昇降口に向かっていた。
沢山の人で賑わう廊下で、懐かしい声が聞こえた。





もう日が暮れて、暗くなっている。息を吐くと、白く高く上っていく。
街の家々は灯りを灯している。
もう冬だ。

トップの青空率がすごいことになってた。

鏡音が好きです。GUMIちゃんも好きです。


三月に描いたアイコンがあんまり気に入らなくなったので、一時これにします。動画用の絵とか片付いたら新しく描き直したいな。

無事入学できそうです・・・!文章書いたり絵を描いたりしてます。


メッセくれたら喜びます。ぜひ、友達になってください!

作品の前のバージョンにはほぼ何もないです。でも、たまにはある時があるかもなので、見ておいたほうがいいかもです。だいたいネタ系のを置いてます。


リクエスト受付停止中です。
今リクエストされてるもの
・天ノ弱
・クワガタチョップ
・鬼姫と花嵐

歌詞とかも依頼されたら書きます。詞先も曲先もいけます。どっちが得意なのか最近分からなくなってきました…。詞先か曲先か、どんなイメージなのか、を教えてくださると嬉しいです。
イラストの依頼は一件だけ受け付けます。男の子を描くのが非常に苦手なので、女の子の方が得意です。現在依頼受付中です。
依頼は個人メッセお願いします。

pixiv始めましたhttp://www.pixiv.net/member.php?id=6838635

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP