タイトル「歪んだメルヘン」(コラボ用)

投稿日:2019/04/14 18:11:40 | 文字数:501文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(Aメロ)
そっぽ向く 君はまた
賞味期限の切れた街で
踊り疲れた人たちを横目に
歩き出す いつもそう
その手を引きたくなったのは
いつからか忘れてしまっているの
(Bメロ)
存在しないような そんな
時の中で凛とした 人は
一体全体 何を考えているのか
(サビ)
悩み疲れて百十年
君の背を追い続けるそれだけが
僕の生き甲斐になってた
どうも 少し
歪んだおとぎ話
(Aメロ)
飛び跳ねた 住み慣れた
池から飛び出る蛙たち
未練の一つも失くしてしまった
君はまだ 歩いてる
賞味期限の切れた街で
干からびた蛙の死骸横目に
(Bメロ)
異常値の振れ幅は 既に
限界を超えていたの すると
何が変わるのか
僕には何も分からない
(Cメロ)
酸いも甘いも 知らないままなら
目が覚めてもいつも通りの日々
今日も

知りたかったの
君を 君を 君のことだけ
それでいいんだ
かかる 病 それだけなんだ
(Bメロ)
存在しないような そんな
時の中で凛とした 人は
一体全体 何を考えているのか
(ラスサビ)
悩み疲れて百十年
君の背を追い続けるそれだけが
僕の生き甲斐になってた
どうも 少し
歪んだおとぎ話

作詞が得意です。最近はラノベ小説書いてます。いいの書ければいいな。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP