流るるままに

投稿日:2013/07/30 18:25:33 | 文字数:377文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

川辺に咲く花と流れる川をイメージに
命の強さを描きながら
作詞しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1

【A】
夕焼け色の 水面が 7 4
ただ静かに 流るるままに 6 7
指先を 辿りながら 5 6
母なる海へ 進んでいく 7 5

誰が生まれて 誰もが 
ただ感じてる 見えない物は 
誰が触れ 誰が壊す
叫んでも叫び きれなくて

【S】
まるで風のよに まるで花のよに 8 8
命は 小さすぎて 4 6
ただ通り抜け 涙こぼれ 7 6
息が止まり そうになる 6 5

2

【A】
消えてく後 何処へと
還りつくか 誰も知らない

【S】
いつか消えていく 誰も彼も皆
誰もが 決められた
でも恐れない 己の生
心震え 咲いていく

涙は空へと 命は花へと
還れば 会えるでしょう
時が流るる ままに合わせ
強く強く 生きねば

3

【S】
命が流れて 愛が奏でてく
明日が 見えなくても
川の流れに 寄り添って生き
いつかいつか 咲かねば

高校二年生です。
基本ちゅーにびょーです。
恋愛苦手で、最近バイトのせいで書けてません・・・うう。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP