SEND

投稿日:2016/04/26 21:11:43 | 文字数:284文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あんなに求められてた日々のこと
今では遠い記憶のようで
形として残っているものを
目にして浮かぶ微かな香り

もう君は覚えてもいないだろう
思い出したくもないだろう

僕を好きだった日常を
声が好きと言ったことを
全てを欲したあの想いを

過去を汲んでは切な塗れ
未来を急いては苦みに悶え
君の言葉を胸に拾い
頭の中で連呼する

もう君が忘れていても
思い出そうとしなくても

僕は何度でも明日に叫ぶ
今日の励ましにするために
ココから這い上がれるように

小さいけれど大きい欠片が
淡く儚い夢の支え
努力と自信に結びつけて
いつか君に届けれますように


.2015

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP