想い重い気持ち

投稿日:2012/11/26 14:29:18 | 文字数:367文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

苦しんでいる彼女を助けてあげれず、苦しんでいる彼

気にしてくれてる彼を信用できずに頼れずに、苦しんでいる彼女

そういう感じを思い浮かべました。

重い歌詞かもしれません。
でも、誰かを頼る事は忘れて欲しくないです。
とても辛いでしょうから。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

はじめて君が
悲しんでいるところを見ました
とてもくるしそうな君を
僕は 僕は ただ ただ
なにもできないまま 見守っているだけでした

僕はなにもできない できない
君を守ってあげられずに
ごめんね ごめんね
「謝らないで」と
君は言ったけれど 僕は


彼は私が
初めて悲しんでいるところを見ました
とても辛そうな君を
私は 私は ただ ただ
悲しむだけで 苦しませるだけでした

私は彼になにもできない できない
彼に頼るのも怖かった
ありがと ありがと
「ごめんね」と
彼は言ったけれど 私は


僕は彼女を守りたかった、守れなかった
彼女の話を聞けばよかった

私はあなたを頼れなかった 信用しなかった
彼に相談すればよかった

さよなら さよなら
私はもう行くね。
もう会えないけれど 来世で

僕は彼女を守れなかった。

ボカロ大好きです!

イラストは未熟ですがたまに描くかと…
小説も描くと思います!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP