アダムとイヴ

投稿日:2014/04/01 20:14:39 | 文字数:519文字 | 閲覧数:821 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

アダムとイヴの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

アダムとイヴ

エデンの園 ふたりぼっち
誰も邪魔なんて出来ない
夏の日差し クジラ雲で君は微笑んだ

夢ならば覚めちゃうから
気づいたらひとりぼっち
胸の中のモヤモヤ 君に伝えたくて

見えない、でも切れない糸で繋がりたいの

どこまでも続く空に虹色の愛を描く
アダムとイヴ ふたりぼっち
ただただ憧れてるの
未来への風に乗って 君だけを抱きしめたくて
限界まで突き進めば
キラめく光が降り注ぐ、永遠に

アダムのようなその眼差し
君の優しさが欲しいの
イヴみたいに弱い私、君が癒してよ

カラフルなロマンス劇 今、君と演じたい
ひとりぼっち、つらいや...。
君はどこにいる?

見えないから、触れたい君の心の扉

輝く流れ星に私の願いよ、届け
アダムとイヴ 君と私
おとぎ話の結末は?
いつまで待てばいいの?今宵もひとり夢を見る
たとえ闇に邪魔されても
ひとつの奇跡を信じてる、最後まで

夢見た楽園を二人で創りたい
エデンのあの丘でずっとずっと

どこまでも続く空に虹色の愛を描く
アダムとイヴ ひとりぼっち
うまくいかない切なさ
二人に魔法かけて 夢じゃない愛で包んで
アダムとイヴ ふたりぼっち
今ここで光のベールを奏でよう

どもっ!初めましてっ!SmileR(スマイラー)です!みなさんのイラストをお借りする際はよろしくお願いします!!!

もっと見る

もっと見る

▲TOP