[鏡音リン] Vanilla-Age

投稿日:2010/08/17 18:37:17 | タイム/サイズ:03:58/(5,590KB) | 閲覧数:976 | カテゴリ:音楽

ライセンス:

気づけばちょっとエロチックなダンスビート。

良い子は見ちゃ駄目。見ないふり。

歌詞>
http://piapro.jp/content/ckvtbug1q18n3uin

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

「Vanilla-Age」
作詞・作曲:雷鳴P

イヤホンをエイトビートが揺らす 暑く溶けてしまいそうな
この熱帯夜Tシャツを脱ぎ捨てて腰の蝶のタトゥ空に羽ばたく
iPod 熱いビートを叩く 冷めたキミの視線の中
今揺れ動くダンスビートに載せて 焦げるアスファルトの街をくぐり抜けて行く

液晶が映す世界の事など今の私に関係ないわ
アナタとの熱い夜 私を溶かす程アイシテ!

冷める事を忘れたこの街の片隅で 溶けるほど戀して キミの名前囁いた
溶けてくるヴァニラアイスの味の虜になっていく
溶け出して垂れ落ちた甘い香りの雫にまみれ 私はヴァニラが好きなお年頃なの♪


垂れ落ちた汗にむせ返る部屋 誰も知りもしない街の中
揺れ動く針のビートに合わせキミと息を合わせている そんな深夜二時

「健全だ、不健全だ」そんな事、今の私に関係あるの?
今はただ、溶けるほど私を熱くして欲しいの!

ヴァニラ味の香りの魅力に溺れている 息も吐く暇など無くて 果てる快楽を…
もっともっと!欲張りな私 躾された猫のように
溶け出して垂れ落ちた甘い香りの雫にまみれ 私はヴァニラが好きなお年頃なの♪


冷める事を忘れたこの街の片隅で 溶けるほど戀して キミの名前囁いた
溶けてくるヴァニラアイスの味の虜になっていく
ヴァニラ味の香りの魅力に溺れてる 息も吐く暇など無くて 果てる快楽を…
もっともっと!欲張りな私 躾された猫のように
溶け出して垂れ落ちた甘い香りの雫にまみれ 私はヴァニラが好きなお年頃なの♪

もっとみるLyrics by 雷鳴Pさん

◇雷鳴Pと申します。

□楽曲オケ音源がほしい方はコメントいただければデータUPいたします。

□イメージイラストを描いて頂いたら気付き次第コメやブックマークさせてもらいに伺います。尚、「描かせてください」等の許可申請はいりません。

Art PolyphonyHP : http://art-polyphony.sakura.ne.jp/

ツイッター:http://twitter.com/arc_cos_k

連絡先 : cos_k_suffix_angel(a)hotmail.co.jp
(a)を@に変換してください。

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    DLさせていただきました!
    ありがとうございます!

    2010/11/07 08:34:16 From  orange0190

  • userIcon

    使わせてもらいました

    DLさせていただきますー!!
    ありがとうございました!!

    2010/10/08 17:18:21 From  south

  • userIcon

    ご意見・感想

    Bitter-Edge,Vanilla-Age 共にDLさせていただきますー!
    どちらも格好良くて素敵です!ありがとうございましたー!

    2010/09/04 05:11:01 From  リックス

  • userIcon

    ご意見・感想

    相互補完とのことで、レンverと一緒にDLさせていただきました!
    リンverは可愛いですねv
    これからも陰ながら応援しております!

    2010/08/26 03:01:27 From  stellar_sea

もっとみる(6)
  • [鏡音レン] Bitter-Edge

    by 雷鳴Pさん

  • 鏡音レン ←Bitter×Sweet→ 鏡音リン

    by 雷鳴Pさん

  • [初音ミク] キミの色・ボクの音

    by 雷鳴Pさん

  • [鏡音レン] 星空の天蓋を彷徨いて

    by 雷鳴Pさん

  • [鏡音レン] 北口デッドライン

    by 雷鳴Pさん

  • [初音ミク] 或る戀の終わり

    by 雷鳴Pさん

  • [鏡音レン] 恋愛感情喪失論

    by 雷鳴Pさん

  • [鏡音レン] 雷光サステイン

    by 雷鳴Pさん

  • [初音ミク] Amen

    by 雷鳴Pさん

  • [巡音ルカ] 幻想シネマ

    by 雷鳴Pさん

もっと見る

▲TOP