旅立ちの朝焼け

投稿日:2014/07/18 17:22:45 | 文字数:385文字 | 閲覧数:172 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

手荷物ひとつの 夜が明ける
別れの言葉 今も耳に残る

重ねたエピソードに 幕を閉じる
笑顔のままで いてほしいよ

手繰り寄せた糸は 気まぐれで
何度も結び直したね

紡ぎ 解れた あやとりのように
未練を捨てきれない

時間は戻せないから
二度と帰れはしないから
記憶の片隅に 抱いた面影
旅立ちの朝焼け

------------------------------------------

てにもつ ひとつの よるがあける
わかれのことば いまもみみにのこる

かさねたえぴそおどに まくをとじる
えがおのままで いてほしいよ

たぐりよせたいとわ きまぐれで
なんどもむすびなおしたね

つむぎ ほつれた あやとりのよに
みれんおすてきれない

じかんわもどせ(ない)から
にどとかえれわし(ない)から
きおくのかたすみに だいたおもかげ
たびだちのあさやけ

ゆうきと申します。
よろしくお願いします。

最近、少しだけ時間が出来そうです。
まったりと活動していきます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP