ある幽霊のとある後日談

投稿日:2013/02/27 00:36:22 | 文字数:458文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

願わくば、君を。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

十二階建てのマンションの最上階
燭台にそろえられた蝋燭は
もうトモシビ
俯いた少女に映える
バックコーラスに
痺れを切らして
叫んだんだ

こんなのはすべて
夢物語さ!

※ああ何て言ったって僕の
この腐りきった耳では
ひろえない毒りんご
持つ手も失っちゃって
掴めそうにもないや
ごめんね?
そろそろ店じまい


十三番目階段は今日も増える
怪談にあつらえた諺は
あれなんだっけ
横顔少女は歌い出す
詩吟の響きを嫌って
痛みを忘れたふり
願ったんだ

こんなのはぜんぶ
御伽噺さ!

※ああ一回転で収まんない
崩れ出す脳内妄想劇のなか
震える足がまた消える
掲げた明日もそっぽ向いて
拝めそうもないや
ごめんね?
そろそろお別れだ

気付いてしまったんだ
終わりのある未来地図にさえ
僕は生き残れない

※ああ何てこった僕たちの
この錆びれきった螺旋が
あなたを殺してしまうなんて!
まあいっかそれでいいや僕の
この腐りきった心の中
誰にも知られることもなく
消えてしまいそうさ
ありがと
願わくばどうかまた来世で

頭の中に音楽はあるんだけどまったくの初心者で作曲ができない、ハニーラビットです。
いちよう名前にもいろんな想いがふくまれてたり…。

歌詞を作るのが大好きです^^
ふとしたときに思いついた言葉などをつらつらと書いております。
作る曲に恋愛ものと失恋ものが多くなってしまいがちです…
いつかは曲になってほしいなぁ…なんて叶わぬ夢を見るただのうさぎです。

追記
季節おくれさんに曲をつけていただきました!
「my only one darling!」です。
可愛い歌なのでよろしければ聞いてみてください^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP