黒真珠

投稿日:2011/10/01 23:51:23 | 文字数:642文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前に黒真珠とか書いた気がするんですけど、まあ気のせいでしょうwうん。

まあ、毎回ワンパターンになるんですけどねorz

いつか「あぁ、そっか!」と理不尽ながらも納得されるような詞を書いてみたいものです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

唯一無二だと言われてもきっとどこかに落とし穴
だってそうでしょ?
黒に紛れてしまえば人だって闇になる

高価な物だと言われてもきっとどこかに潜んでる
邪なモノ
闇に染まってしまえば人なんて脆い物

連結して繋がっても
僕の心臓には届かないよ
、届かないんだ

いつもの風景に一つ何かを添えよう
難しいことじゃない
花を置くだけで良い
でもその行為すら難しいと感じるのなら
僕の心は
もう既に、寂しい


君の人生を読むなんてきっと僕にはできはしない
だってそうでしょ?
煌びやかな思い出は塵だって山になる

君の存在が無くなったからきっと僕は染まったんだ
まっくろくろな、
悲しい程に艶やかな黒真珠

ふと道を踏み外した先にあるのは
人の傲慢さと安泰な絶望のみ
、なんて子供が言うことだと笑いますか?

埃が舞う度呼吸を止めてみようかな
難しいことじゃない
脳に逆らえば良い
でもその行為こそ難しいと感じるのなら
僕は涙を
まだまだ、流せるよね


走馬灯に憧れ、ありもしない夢を語る
笑顔を渇望し、ありもしない過去を語る
君はそんな僕を「きれいだ」と傍に置いてくれていたのにね


瞳が濁る度涙が涸れてゆくよ
可笑しいことじゃない
君ならそう言うかな
じゃあ僕はまだきっと明るくは輝けない
僕の涙は
この色を上書きできない

いつもの風景に一つ何かを添えよう
難しいことじゃない
花を置くだけで良い
でもその行為すら難しいと感じるのなら
僕の心は
もう既に、、、



かなしい

生ぬるい歌詞書きです。

絵師様の作品を基にさせてもらっている時もあります。
すいません;;

何故かあるブログhttp://awamo.blog62.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    確かに何事にも完璧なものはなくて落とし穴はありますよね。

    2011/10/03 07:16:28 From  ウインディー

▲TOP