亮也さん

イチオシ作品

化ケ物ノ襲来

「エルフェゴートへ?」 「そう、少し用事をね。お願いするわ」 「分かった」 「お土産に、エルフェゴートの名産品トラウベンがあれば嬉しいわね」 「ふあぁぁ」 あくびをするリリアンヌが、視界の端に見えた。 あーあ、退屈な会議ねぇ。形だけで、意味なんてない。リリアンヌじゃなくても、あくびが出るわ。 「ふぁっ」 思わず出そうになったあくびを、かみころす。 「あー、オホン。このところ、街に羊の化け物が出ているとの報告を多数受けております」 ん? 化け物? 羊の……? 「世迷いごとではないのか?」 「私もそう思うのですが、報告があまりにも多いので、念のため」 報告をしている大臣が、チラッと私を見た。彼は──いや、彼も、と言うべきか。彼も、私が評価されているのが気に入らないのだろう。女の身であり、更に魔導師という、彼からすると胡散臭い私が。 まあ、私には関係ないけれど。 「ふむ。で、その羊の化け物とはどのような?」 「報告によりますと、頭に羊の角を生やし、背中に蝙蝠のような羽がある、上半身裸の男だということです」 「うぇ……。で、そやつは何をやらかしたのじゃ?」 リリアンヌが、顔を盛大にしかめる。話、聞いていたのね。てっきり聞いていないのかと。 大臣たちも、彼女が聞いているとは思っていなかったのだろう。口を挟んだことに、たいそう驚いているようだ。 「あああ、あの、それが……」 「何じゃ。勿体ぶらずに、言うてみい」 「……女を惑わし、連れ去るのだとか」 「む? 惑わす、じゃと?」 「その化け物と目が合った女は、化け物に惚れ、ホイホイとついていってしまうのだそうで……」 「そんな格好の男に、ついていく女がおるのか?」 「顔はたいそう美しく整っており、それは女性と見紛うほどであると……」 「そのようなもの、上半身裸の時点で全部台無しじゃ」 「そ、その、女を惑わすのが、どうやらその化け物の能力のようで……」 「ほう……まあ、化け物のことなら、エルルカに任せておけば、安心じゃろ! 詳しいことはエルルカに話しておけ。頼んだぞ、エルルカ」 「はーい」 あー、めんどくさ……。 「報告はもう無いか? では、会議はしまいじゃ!」 嬉々として、会議の終了を告げるリリアンヌ。あくびをしていたほどだ。退屈な会議が終わるのが、余程嬉しいのだろう。 退席する大臣たち。それと入れ替わるように、掃除のため、部屋に入ってくる使用人たち。 「リリアンヌ様、今日のおやつは……」 「ああ……アレンか。今日はいらん。変態の話を聞いて、気持ち悪くて食べる気がおきん」 「変態……ああ、ネイとシャルテットが話していた化け物のことでしょうか……なんでも──」 「話していらんからな⁉︎ 話すでないぞ‼︎」 ぼんやりと、人の流れを目で追う。 めんどくさいわね……めんどくさいけど……羊の角……蝙蝠の羽……何より、女を惑わす力……。おそらくは……。あーあ。めんどくさいなんて言ってられないじゃない。 ──その日の真夜中。 「キャアアアアアアアアアアアアア‼︎」 王宮に、1人の女の甲高い悲鳴が響いた。 突如。真夜中の静かな王宮に響いた悲鳴。 それに気づいて飛び起きた者が、心配の声を上げ、悲鳴の発生場所へと向かう。更に、その音に気づいて飛び起きた者が後を追い、更にその音に気づいた者が─────そして、王宮は蜂の巣を突いたような騒ぎになっていた。 その騒ぎは──。 「何よ。うっさいわねぇ」 化け物騒動対策に疲れ、机に突っ伏していた魔導師の元へも──。 「んー? 何ー? ふぁぁ……。……こんな夜に何の騒ぎじゃ⁉︎ 誰か‼︎ 誰かおらぬか⁉︎」 ぐっすりと眠っていた王女の元へも、届いた。 「どうました⁉︎ 一体何が──」 偶然──本当に偶然、悲鳴の発生場所の近くの部屋で寝ていたために、1番早くに駆けつけた使用人の青年は、廊下で腰を抜かしてへたり込んでいるメイドに声をかけた。青ざめた顔をしたメイドは、まるで虚空を見つめているようであった。 ──スッ── 彼女の腕が、彼女の視線の先──窓の外を指した。 その動きに従い、窓の外を見た青年は──。 「ギャアアアアアアアアアアアアア‼︎」 窓の外、満月の光の中に、羊の角と蝙蝠の羽を持つ半裸の男の姿を見た。 「うっわあ……あれが、噂の……」 騒ぎの現場に、かなり遅れて辿り着いた僕は、ネイとシャルテットと共に、少し離れたところから、騒ぎを見ていた。 その様は、正に、化け物。 毎日顔を合わせているネイとシャルテットの、初めて見る寝巻姿。常時なら気になるであろうその姿も、今は興味を持てやしない。 初めに発見したメイドと、彼女に駆け寄った召使にはご愁傷としか言いようがない。 一体、あの化け物、何が目的でこの王宮に来たのだろう。 まあ化け物だし、大した目的などなく本能で、人の多いところに来たのかもしれないが。 ……あれ? 「化け物の目、光らなかった?」 僕の気のせいだろうか。化け物の目が、赤い光を帯びたように見えた。 「あっ……」 「シャルテット、どうしたの?」 シャルテットが、高く甘い声を上げた。その声に隣を見ると、目が泳ぎ、口元が緩み、普段から間抜けな顔が更に間抜けになった、シャルテットがいた。 「ど、どうした?」 「どこへ行く気だ!」 周りから次々とあがる、戸惑うような、心配するような野太い声に周りを見渡す。シャルテットだけじゃない! 他の女性もだ。他の女性も皆、虚ろな表情になり、化け物の元へ行こうとしているのだろうか? 外へ向かおうとしている。 「これが、化け物が持っているという女を惑わす力かしら?」 「ネイ、君は……どうして無事なんだい?」 「……さあ? もしかしたら、持ってるお守りが役に立ったのかもしれないわ」 「行くな‼︎」 外に行こうとする女性を、それぞれ近くにいる男が力づくで止める。 そして、僕とネイは。 「クッ!」 「こっの、馬鹿力が!」 僕とネイが止めているのは、シャルテット。よりにもよって、馬鹿力なシャルテットだ。男のくせに情けないことだが、僕1人ならきっと、シャルテットに負けていた。本当に、ネイが正気を保っていて良かった。 だけど、この状況、いつまで続くんだ? 城へ常駐している兵は、屋外で、屋内に入ってこようとする化け物への対応──化け物との戦闘──を迫られており、そちらはそちらで大変そうだ。 どうする……どうする? 誰か! 誰か‼︎ 「やれやれ、噂が本当だったとは……」 焦燥と警戒に満ちた空気を破る声。 「エルルカ様!」 エルルカが来たなら、安心だろう。 ルシフェニアの三英雄、宮廷魔導師エルルカ=クロックワーカー。 化け物相手なら、彼女の右に出る者はいない。 「エルルカ様だ!」 「これで安心だ!」 「おおおおおーー!」 周りからも歓声が上がる。 「え……うざ……」 エルルカが微妙な顔をしているのは気のせいだ。うん、気のせいだ。今、彼女は王宮を守るという使命感に燃えている。そうでなくてはならない。 「退きなさい」 化け物に応戦している兵たちに、声をかけた。 「エルルカ様のお出ましだ!」 「退きなさい! あなたたちまで、吹き飛ぶわよ!」 「はい!」 ふぅ……。 魔術を放つ構えをとる。 「ほう、これはこれは綺麗な女性だな」 大丈夫。兵士たちは苦戦していたようだけれど、化け物といえど、“所詮は人間”。 大丈夫。私なら、倒せる。 「兵士が数人がかりでも苦戦したんだよ? 君のような華奢な女性に何が出来るんだい? ふふふ、君のような美しい女性とお近づきになれて嬉しいよ」 「別に、あなたとお近づきになんかなりたくないわ」 思い切り睨みつける。 「おお、怖い。威勢がいいねぇ……。だが、これでも、そう言ってられるかな?」 男の口角が、クイと上がる。 「っ……⁉︎」 危ない‼︎ 咄嗟に、風を操る。微かに吹いていた風を暴風にし、化け物の男を吹き飛ばした。 今、男は、何をしようとした? 感じた、底知れぬ危機感は一体……? いや、そんなものは、決まっている。 私を魅了し、惚れさせようとしたのだろう。他の女と同じように。 化け物の正体は、話を聞いた時から、察していた。この男が持つ異性を魅了する力……魔導師である私に効くのかどうかは……分からないので、警戒しなければ。 そもそも、早く決着を付けなければならないのだ。そうしなければ、術にかかった女の子たちが、屋内から出てきてしまうかもしれないのだから。男を倒せば、同時に術も解けるはずだ。 「今の暴風……なるほど。君が、噂の魔導師か。道理で、兵士が信頼して撤退したはずだ……。その高度な魔術、敬意を払おう。是非、我がハーレムへ」 「お断りよ‼︎」 再び、魅了の術を使おうとする男に向け、風を操る。先ほどよりも、強く‼︎ 竜巻を‼︎ 全てを切り裂く竜巻を‼︎ この一撃で、終わらせてやる‼︎ 大きな術を使うのは、こちらも疲労が大きいけれど、これで終わるのだから問題はな──え⁉︎ なんて事なの⁉︎ 竜巻により起きた、砂煙の向こう。男が立ち上がるのが見える。 「そんな……‼︎」 これが効かない⁉︎ そんなに弱い竜巻だった? 砂煙が晴れ、男の姿が見える。 ……いえ、弱くない。確かに、狙ったとおりの強さが出せている。 男の服は見る影もなく、男の身体も全身傷だらけ。 やはり先ほどの一撃は、倒せるくらいの威力があったのだ──普通の相手なら。 「これも、悪魔の持つ力だっていうの……⁉︎」 凄まじい、回復力。 ズタズタに刻まれた服は戻りはしないが、男の傷は治っていき──既に全快。 これは、マズいかもしれない。 私なら、倒せる──そう思っていた。 でも……先程の竜巻で倒せないとなると……万が一が起こりうる。 寒気がした。背筋が凍りつきそうだ。これは、夜の寒さのせいではない。この寒気は。 はあぁ……。 あーあ、こんな時に限って、あの子がエルフェゴートに行っていて不在だなんて。どんなタイミングの悪さかしら……なんて、文句を並べたって仕方がない。この王宮で、この男に対処できる可能性が多少でもあるのは、私しかいないのだか───。 「騒々しいと思えば、なるほど。お主が、近頃街に出るという、羊の化け物か」 何、ノコノコと出てきてるの⁉︎ 突如、後ろから聞こえた高い声。その声の主は。 「幼い体躯。豪奢な服。君がリリアンヌ王女か」 そう、リリアンヌ=ルシフェン=ドートゥリシュ。このルシフェニア王国の君臨者たる王女。 彼女を見ると、その手には、ルシフェニア王家に伝わる黄金の剣。 だが、そんな物を持っていたところで敵うはずがない。兵士でさえ、魔導師の私でさえ、敵わなかった相手に。 「エルルカ。お主ともあろう者が、何という顔をしておる。大丈夫じゃ。わらわは、剣には覚えがあるぞ」 箱庭育ちの王女のくせに? 剣を持ったことすらないかと思っていたけれど。 「何度か兵と手合わせをしたが、負けたことは一度としてない‼︎」 いや、アンタねぇ……⁉︎ 誰がこの国で、アンタに本気で剣をふるうと思ってんのよ⁉︎ 兵士が手加減してるからに決まってんでしょ⁉︎ 本気で相手されたら、アンタが負けるに決まっているでしょ⁉︎ 「おお、勇ましいねぇ。エルルカといい、君といい、ルシフェニアの女性は大層勇ましいようだ」 男は楽しそうに笑っている。男も、私と同じように考えているのだろう。完全に、ナメられた。 「“君”じゃと⁉︎ なんと、無礼な奴じゃ。わらわを誰と心得る」 見なくても分かる。今の彼女は『悪ノ娘』の表情をしている。14歳の子供とは思えない、皆が怯える邪悪な表情を。 私たちの目の前で笑っている男は、その顔を恐ろしいとは感じていないようだが。 「君は、僕が怖くないのか?」 「怖い?何がじゃ」 「僕の、この姿が……」 「わらわは、化け物など信じておらん。ただの変装じゃろう」 ああ、無知ってのは、恐ろしいわね……。 「ふふ、そうかそうか……」 男はリリアンヌを見つめ、リリアンヌは男を睨む。2人の視線が交わった。 「エルルカ、今のは何じゃ」 「はい?」 「今、あやつの目が光ったぞ‼︎ こう……赤に」 ……丁度、見てなくて気がつかなかった。 「何故⁉︎ なぜ効かない⁉︎」 男が狼狽する。 目が光った。おそらく、それは男が魅了の力を使った印。 けれども、リリアンヌにはその術が効いていない……⁉︎ 「エルルカ」 小さな──男には届かないくらいの小さな声で、リリアンヌが声をかけてきた。 「あやつ、何やらわからんが、うろたえておる。好都合じゃ。お主の竜巻であやつを止めろ。その隙にわらわがあやつを倒す」 ……正直、リリアンヌがあの男を倒せるとは思えない。いくら隙があってもだ。 「エルルカ‼︎」 だけど、こんな屈辱的な終わり方、出来るわけがない‼︎ 全力で、竜巻を起こす‼︎ 今度こそ、これで最後‼︎ 私だけで、あの男を倒してやる‼︎ 「わらわはこの国の王女じゃ‼︎ 何人たりとも、勝手なマネは許さぬ‼︎」 今宵は満月。最も魔力が満ちる日。 その魔力を使い果たし、私は膝をついた。 「何か、あった? 疲れている、ように、見える」 「大変だったのよ。あー、あなたがいれば、もう少しマシだったかもしれないのに……」 「そんなこと、言われても、困る。トラウベン、食べる? 話は、食べながら、聞く」 「いただくわ」 ────エルルカが大きな竜巻を起こし、リリアンヌが化け物に向かい剣を振るった。 その時見えたものは、僕の幻覚だったのかもしれない。シャルテットを抑えていなければ、僕は目をこすっていたはずだ。 あまりに信じられない──リリアンヌの背中に羽が生えた──現象に。 リリアンヌの足元に紫の水たまりが広がり、化け物が崩れ落ちた。 エルルカも、力を使い果たしたのか……膝をついた。 それからすぐに、シャルテットや他の女性たちが、夢から覚めたようになり、安心した僕は外へ──リリアンヌの元へ──向かった。 リリアンヌの元へ駆け寄ると、彼女は虚ろな目で僕を見て、僕に倒れかかり、眠りについた────。 スヤスヤと気持ちよさそうに眠る、君を見つめる。 あの時、君は……。 「んっ……んー、ぐっすり寝たー」 昨夜、君は、とても虚ろな目をしていたね。 昨夜の出来事を覚えているのか、いないのか──。 「おはようじゃ、アレン」 ────君は笑う。無邪気に笑う。

エルルカ視点が難しかったです……。

※この作品は『悪ノ娘 黄のクロアテュール』他、mothy_悪ノP様の作品に出てくるネタを含みます
投稿日時 : 2018/08/22 17:13

最近の投稿作品 (6)

まだ誰からも使われていません

▲TOP