telt@フルールPさん

ボカロPになりたくて、作曲・作詞を勉強してます。曲のイラストは常に募集中です。

telt@フルールPさん

telt@フルールPさん

aisyuu71

ボカロPになりたくて、作曲・作詞を勉強してます。曲のイラストは常に募集中です。

曲の解説用ブログです。こちらも参考にしていただけたら。
http://teltrion.jugem.jp/?PHPSESSID=8fcda1611f3abb953abbab7946d788ed

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(4)

  • Sara.
  • キョン子
  • 舜嶺
  • 春風

フォロワー(14)

  • NAMITAKA
  • 小呑 和珠
  • おとなり
  • 水野
  • ひのき
  • ふじ
  • tak_
  • ふっちゃん
  • 食塩
  • 藤仮
  • 桜奈
  • Sara.

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

附子のある少女の話

可愛気の見えない 少女が一人 阿婆擦れの元で 密かに暮らしていた 一日の大半 少女は一人 生きて行く為に 密かに暮らしていた その三文字の感情は 刳り貫かれて ボロボロ と くたびれた 世界よ 聞いておくれ 何も 責めるなんて違うんだよ ただ 彼は檻から助けたくて 少女にこれを知ってほしくて 「***って言ってごらん」 そう嘆いた 春 可愛気の見えない 少女は二人 見習いの元で 楽しく暮らしていた 一日の終わり 少女は横で 触れていた彼と 楽しく暮らしていた その二文字の感情が 芽生え始めて ドキドキ と 音が鳴る 世界よ 聞いておくれ 何か 起こるなんて言わないで ただ 彼はそこから助け出した 少女にこれを伝えないまま 「***って言えないや」 そう決めた 冬 眠りから覚めた それは小春日和な朝だ 「ねぇ、どうして泣いてるの?」 少女よ 聞いておくれ 何も責めるなんて違うんだよ ただ 彼は別檻に入れたくて 少女はこれを知らなくて 「こわいって言ってごらん  今なら僕と逃げられる」 少女よ 聞いておくれ 何も 怒れなんて言わないよ ただ 彼はそこから助け出した 少女はそれだけで良かった 「ごめんって言わないで」 それを遺した 冬 可愛気のある 少女が一人 亡腹の中で 密かに暮らしていた

「彼は私の『ヒーロー』なの。」




ある少女の話シリーズ第四弾。
感情を失った少女と、ある少女の誕生。


ちなみに、附子は「ブス」と読みます。
投稿日時 : 2014/11/16 20:54

何もありません

▲TOP