風月 諒さん

風月(しずき) 諒(りょう)  と、読みます。

風月 諒さん

風月 諒さん

feud

風月(しずき) 諒(りょう)  と、読みます。

主成分はテキスト。
補助因子としてイラストが少々。
それをネタで包んで三時間煮込むと風月になります。
食べられませんが。

好きなものは「ネタ」「綺麗な景色」「あえて言おう、萌えは正義であると」。
ブックマークを見ると一発で分かると思います。
この偏りこそ我が力。

ちなみに犬派です! (関係ねぇ

そんなわけで、気軽に付き合ってやって下さいませ。

現在はボーカロイドたちの日常を描いたゲームのシナリオなんかを書いてます。
そろそろ楽曲にも手を出したいなぁ。

最近の一言
「巨乳? …違う! クーデレ? …違う!! ポイントは民族衣装だと思うんだ!!!」

HP↓
http://www5f.biglobe.ne.jp/~feud/index.htm

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(99)

  • たま 
  • 露花
  • ナツ
  • ガガ
  • モカ
  • らい
  • はるひぽ
  • みこの 咲羅
  • 窒化ガリウム
  • ひま
  • CHRIS
  • KNO

フォロワー(7)

  • 是久楽 旧HidetoCMk2
  • DQN_kitaQ
  • nai☆
  • t_adon
  • 募集スレまとめ管理者
  • 区間準急
  • buer0304

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

鏡音レンの作曲?

「そうだっっ!!!」  レンは勢い良く立ち上がった。  その直後にリンも飛び上がった、隣で突然の砲撃のような大声がしたもんだからドライヤーを落としたのだ。小指の上に。 「つっっ! ぁぅぁぁう…… っ」  涙を浮かべて悶え苦しむリンに気付かないまま、レンはおもむろに大学ノートを取り出す。  幸いにして勉強の痕跡はまったくないため新品同然である! 「どうして気付かなかったんだっ! これでいいじゃんかっ!!」 「とりあえずレン、あんたうるさい……」  レンを恨めしそうに睨みながら、リンはドライヤーを再度使い始める。  せっかくお風呂上りでいい気分だったのに一気に冷めた心持ちだ。夜中に叫ぶな。 「オレが作詞作曲すればいいんだよっ!」 「ハ? 何を?」 「オレ達の曲をだよっ! そうすれば取り分増えるし小遣いもアップ間違いなしだろっ!」  この男、全国各地のプロデューサーにケンカ売る気なのだろうか?  呆れた顔になるリンであったが、どうもレンは本気らしい。  普段は全然使わない机に飛び付いて何かを書き始めている。 「あのね、あたしたち歌は歌えるけどそーゆーのは素人なんだよ? できるわけないじゃん、バッカじゃないの」 「できたっ!」 「はやっ!?」 「ふっふっふ、オレを甘く見るなよリン。ACT.2になって作曲の才能も開花したんだぜ」  そのような事実は一切ないのだが、どうも確かに歌詞らしきものは出来ているらしい。  まさか、まさかとは思うが、実は本当に才能があったのだろうか?  タオルを頭に乗せながら、リンは恐る恐るレンの背後からノートを覗く。 「…………」  そして固まった。 「どうだ。センスが光りまくってる歌詞だろ? オリコン上位間違いなしって感じだねこれは」 ―――――――――――― < 僕らの明日 > 作詞・鏡音レン 忘れないで Tomorrow 僕らには明日がある 小雨が君を隠す日も 風が僕を誘う日も いつだって 明日という未来 いつだって 笑っていいんだ さあ信じて進もうよ 僕が手を引くから ねえ雨上がりの明日は 虹が見えるかな? (以下略) ―――――――――――― 「…… プッ」 「ア、ハッ、アハハハハハッ!! う、ウケるっ…… 死ぬ、死んじゃうっ アハハハッ」 「なっ!?」  バンバンバンッ!  それはもう盛大に机を叩くリン、相当にツボったらしい。机が可哀想なぐらいウケている。  一方予想外の笑いを取ってしまったレンは不満気だ。 「な、なんでそこでウケるんだよっ! 感動して涙する場面だろフツーさ!?」 「やめてレンッ、こ、これ以上笑わせないで! お願いっ! く、あはははっ」 「だからウケるなっ!」 「ぷくくく」  今年一番の大笑いを記録するリン。だがしかしあまりにも大げさに笑い過ぎてコードに足が引っかかった。  落ちるドライヤー。 「ハッッ!! ぅぁぁぁ~~!?」  もちろん、それは小指に落ちました。  うずくまるリン。  そのまま丸まるリン。  涙も浮かべるリン。  暫く再起不能といった感じだ。しかし、これでレンは詩でリンを泣かせたことになる、目標達成だろうか。 「ってそんなわけあるか。くっそぉ、なんでこの渾身のできで笑うんだよ」 「だってぇ、あまりにもギャップが…… ぷ、くくっ」 「むぅ、そんなに笑うことないだろ」 「ご、ごめん。でもさ、面白いんだもん。レンって絶対笑いの才能あるよ、自信持ちなよ」 「笑いかよっ!?」  あまりに不本意な開花に項垂れるレン。  人によっては命がけで欲しい才能かも知れないが、いろんな意味で悲しかった。  そんなレンを尻目に凶器(ドライヤー)を片付けてきたリンは、流石に見ていられなくなって兄弟の肩を叩いた。 「レンには歌があるでしょ?」 「……まあ、そうだけど」 「あたし、レンの歌は好きだよ。ちゃんとプロデューサーの作ったバラードなら、ちょっと泣けちゃうときもあるしね」  歌詞については別の意味で泣けたけどねー、なんていいながらリンは笑う。 「へっ、だよな」  つられて、レンも笑った。  そのままノートを閉じると、その上にいつものインカムが乗せられる。 「寝る前に一曲歌ってこよ? いい夢見られるようにさ?」 「……そうだな! よしっ、それじゃニンジャ歌おうぜ、ニンジャ!」 「なんでニンジャ!?」 「そんな気分だからだよっ、ニンンジャーッ!」 「プッ、やっぱり才能あるよレン。お笑いの」 「お笑いっていうなーーっ!!」  秋の夜長に2人の歌声。  鈴虫と一緒にニンジャの歌。  この調子なら明日も元気に歌えそうだ。  そう、また明日。  あーあ、作詞はリンの方が向いてるのかもな――――

どうも風月諒です、こんばんは。
秋の夜長ということで2時間ほど暇になった時間で書いてみました。
いわば単なる暇つぶし。
全力で暇つぶし。
レンならどんな歌詞を書くのかなー、と妄想したのが始まりでした。
そういったヴォーカロイドの一面を考えるのって楽しいですよね。

しかし……
ごめんレン、この程度の詩才しかなくて。
本当の君ならもっと笑える歌詞を書いてくれたハズなのに……!
そんなこと言ったら殴られますかね。
うん、確実に殴られるだろうなぁ。
ミクだったらどんな詩を書くかな…… っていかん、止まらない!(笑

あ、良かったら上記歌詞に曲を付けて下さる方も募集中です。
秋の夜長、ついポッカリ暇が出来てしまったときにでも気軽に作って下されば幸いです。
リンとレンの漫才とかもあると楽しそうだなぁ。
こんな夜に何かの繋がりが出来れば幸い…… あれ、そういえばもう冬だったかな?

もっとみる

投稿日時 : 2008/11/04 02:52

最近の投稿作品 (13)

▲TOP