hatokoさん

hatokoさん

hotcakex35

■小話書いたり写真とったり

■写真のリクエストあったらお応えできるかもしれません
お気軽にメッセージやコメントどうぞです

■今やりたいこと
とりあえずKAITOの服を作ってあげたい
31との写真撮りたい
こーるどすとーんに行きたい

■コールドストーンって
アイスやさんですよ、とってもおいしいですよ
お願いすると、歌を歌いながらアイスを作ってくれます
まさに、KAITOの(再)就職先にぴったり!

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(7)

  • どろみず
  • 翠華
  • 五百
  • ses
  • suito_moco
  • かどこあ
  • 由杞

フォロワー(1)

  • 美衣

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

年下の青色 その2

彼の名前は、仮にKとしておこう。 彼は弟の友人である。今は高校1年生で、誕生日的に見れば15歳で、それはつまり私と10歳差だ。 つまり、私が10歳のときに生まれた赤ちゃんなのである。 ほにゃほにゃしてみんなに可愛がられてるときに、私はすでに小学校で分数の計算とかを習ってたはずだ。 それなのに、それなのにどうしてだろう。 たった15年の間に赤ちゃんだった彼は私の身長をかなり追い越し、私が解く気もない式を解いてしまうほどに成長した。 10年のリードがあったにも関わらず、私はまだあの頃のままで、彼はいつの間にか立派な男性へと成長していたのだ。 …といっても、彼の生い立ちを詳しく知っているわけではないけれどww 話を元にもどそう。 あれから電話で、私は軽くてんぱったというか、なんて答えたらいいのか分からなかった。 その焦りや緊張は、さすがに彼に伝わったらしい。 そして彼は、それを予想していたみたいだった。 『とりあえず、デートしたいですw』 「え?」 『俺はmさんのこと、色々と知っているけど。きっとmさんは俺のこと知らないですよね』 「えっと、それはまぁ…」 Kのことを知らないということよりも、私の何が知られているのかが気になる。 弟め、変なこと喋っていなければいいが。 『だから、デートしましょう。ちょうど見たい映画もあるし』 「何の映画?」 『マキュロス。俺も好きだし、L(弟の名を、仮にLとする)からも聞きました』 「あ、見たいかも」 なんというか、皆さん察しはついていると思うが。 私は、この歳でアニメが大好きな分類の人間にはいる。簡単に言えばオタクだ。 弟もどちらかというとそうだった。熱中しているほどまではいかないが、よく一緒にアニメを見たりする。 『今度の日曜日、どうですか?』 「あ、ごめん。日曜日はちょっと予定入ってる」 『まじっすか!?』 「土曜日なら大丈夫だけど、K君(ちなみにこの時苗字で呼んでいる)はどうかな?」 『えっと…ちょっと待ってください…』 正直、この時になって初めて疑念を抱いた。 日曜日が無理だと知った彼の反応が、あまりにも酷かった。 そしてふと、先週くらいにしつこく弟が「お姉ちゃんって日曜日予定あったっけ?」と聞いていたことも思い出す。 あのときは「別に」と、深く考えないで答えていた。 実際、予定が入ったのもこの電話をかける数時間前のことだ。 高校時代からの友人に、遊びに行こうと誘いのメールがきていた。 もしかしたらこれは、弟もつるんで何かの罰ゲームごっこみたいなことなのではないか。 よくある、某ファーストフード店で「スマイルください」って言う感じの。 それならきっと、日曜日のデートは弟達が尾行するはずである。 土曜日に変更ということはあり得ない。なぜなら、少なくとも弟はその日部活の練習試合があるはずだ。 どきどきしながら、黙ったままKの返事を待つ。 『あ、すみません…待たせちゃって』 「大丈夫だよ」 『土曜日、ですよね』 「うん」 『時間と待ち合わせ場所、どうしますか?』 あれ、弟いないけど大丈夫なの?\(^o^)/

私:m
弟:L
彼:K

特に誰が誰という決まりはないので、ご自由に妄想してください。
そしてまだ続く予定です。
投稿日時 : 2009/12/27 19:29

最近の投稿作品 (10)

▲TOP