早乙女あゆみさん

早乙女あゆみさん

miru_77

早乙女あゆみです。

かなりの低浮上奴。
小説が結局手付かずなのでその内投稿したい…。

プロフィールアイコンはリタテオさんに描いて頂きました。
ありがとうございました!
リタテオさん→【http://piapro.jp/ritateo



もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(5)

  • シノイ
  • 里兎
  • 桃べこ
  • にろ
  • 花美音みるあ

フォロワー(4)

  • くゆみぽ。
  • シノイ
  • にろ
  • 花美音みるあ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

彼と私の恋愛事情 ~後編~

~次の日~ グミに、カイトと付き合った事を言った。 あえて重く言わずに、軽く言ってみた。 グミなら、笑って流してくれると思って。 そんな考えとは裏腹に 「何それ!意味分かんない! リンの彼氏はレンでしょ!?」 胸がギュッと締め付けられた。 でも、昨日… 「レンが浮気してたの…ミクちゃんと… でも、もういいの。 …トイレ行ってくる!」 グミから、何もかも見透かされそうで… トイレに行く "フリ"をした。 向かったのは屋上。 寝そべってみる。 雲一つない晴れ渡った空。 カイトからの告白、レンとミクちゃん… いろんな事がフラッシュバックされる。 …でも、あんなに怒ったグミは見た事なかった。 私の事を思って…… グミに…もう一度、しっかり言おう!! 教室に戻る事にした。 教室に近づくにつれて、話し声が聞こえてくる。 グミと、レンの声… 「リンから聞いたよ。 ミクちゃんと浮気してるでしょ!」 「あぁ…もう、 リンの事なんて…好きじゃない」 頭が真っ白になる。 好きじゃ……ない? 気がついたときには、レンの前にいた。 「もう、別れよう」 返事は決まっているから、それだけ言って 走った。 カバンも学校に置いたまま、家まで全力疾走。 「ただいま…」 小さく言って、自室に行く。 ベッドにダイブして、思い切り泣いた。 「リンーー!ご飯食べないの?」 お母さんの声で目が覚めた。 …いつのまにか、寝ていた。 「いらない」と叫けぶ。食べる気がしなかった。 「…お風呂に入って寝るか!」 お風呂からあがると、玄関にカバンとメモがあっ た。 「宿題してから寝てよ! いつでも電話してね。 グミ」 几帳面な字で書いてあった。 心配症のグミらしい。 今日は、宿題をして寝る事にした。 針が12を指している。時間が経つのが早く感じ た。 その後はレンの事を忘れて、カイトと登下校したり デートもした。 それなりに楽しく過ごし、一週間が経った。 そんなある日の帰り道。 いつも通り、他愛のない話で盛り上がっていた。 急にカイトが立ち止まる。 「どうしたの?カイト…… ヒャッ///」 ギュッ………… 振り返ったと同時に、 カイトに抱きしめられた。 あの日から、忘れようとしても… レンが忘れられない自分がいた。 …私はやっぱり… 「レンが…レンが好き!」 カイトを押し返そうとしたとき、 「オレのリンから離れろ!!」 カイトから体が引き離された。 「なんなんだお前!リンちゃんは俺の彼女だ! "元カレ"のお前が口出しするな!」 「ああ、確かにオレらは別れたよ。 でも、別れてオレは分かった。オレの隣はリン じゃなきゃ駄目だって」 なんだか泣けてくる… カイトが私の背中を押した。 「えっ…?」 「ほら、レンの所に行きな」 そして最後に「幸せに!」と言い残し、去って 行った。 「ありがとう …カイト」 そう呟き、涙を拭った。レンの元に走る。 「オレ、やっぱりリンの事が好きだ! もう、リンを離さないから、だから____ もう一度、オレと付き合って」 「喜んで…!」 …嬉しい! 大好きなレンとずっといられる。 もう離さないで………ね! ~END~

こんばんは。早乙女あゆみです。

完結しました!
読んで下さった皆様ありがとうございました!

後編のレンsideは、梓杏李 海亜ちゃんが書きました。
投稿日時 : 2011/08/16 20:59

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP