雨景夜舟

投稿日:2017/10/28 15:24:41 | 文字数:329文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自サイトから移動

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(A)
夜を泳ぐ眠らない河が 運命の海へ流れ流れ
かつて落ちた雨たちは跳んだ 薄い酒だけ乾して跳んだ

(B)
鳩に恋した蜥蜴が歌う 音で繋がるあまねく雨夜で

(C)
誰かの墓標を打ち鳴らす ひとたびだけの粒が満ちて
震えないものは何もない
だからねわたしの虚言に ひとことだけで頷かないで
静けさに泣いてしまうまでは

(A)
舟を探す傷ついた魚 されども石が撫でて撫でて
そして落ちた雨たちは跳んだ 薄い酒だけ乾して また

(B)
蛇は抱き合い言祝を紡ぐ 音で繋がるあまねく雨世で

(C)
わたしの墓標を打ち鳴らす ひとたびだけの粒が溢れ
震えないものは残らない
だからねどこまで行くのかと 問いかけないで問いかけないで
静けさへ愛が去り往くまでは

ボカロやUTAUを使いたい気持ちだけで作曲始めました。
1年1曲作れればいいと思っています。

以前は作詞をしていました。その頃のアカウントは削除し、しばらく回遊した後ピアプロに復帰致しました。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP