花葬曲

投稿日:2012/01/22 00:21:13 | 文字数:315文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

花葬曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

変わらないものだけ 此処に集めて
そのなかで二人 このままずっと

綺麗なものだけ 此処に束ねて
いつまでも二人 眺めていたい

風が鳴り やがて 嵐が訪れる
最後の祈りさえ 嘲笑うように

指の間 零れ落ちて
二度と元には 戻らない
だから私 花の中で眠るの

近くにいたいと 思うことすら
枷になることが あるのでしょうか

遥か昔から 繰り返された
悲劇は神さえ 見放すでしょう

もういいの 私 これ以上 望まない
静寂に浮かぶは 唯一の標

この身焦がす 苦しみなら
きっと忘れてしまうでしょう
やがて明けゆく夜のように

指の間 零れ落ちた
時を静かに 閉じ込めて
そして私 花と共に眠るの

そうね私 花の中で眠るの

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP