最も生きにくい世界の中で

投稿日:2015/11/01 00:55:37 | 文字数:403文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

人を受け入れることは、人を退けることよりも難しいって感じのアレです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝の日差しを綺麗だと思う
沈む夕日も綺麗だと思う

朝の日差しを煩わしいと思う
沈む夕日に泣くこともある

何が正解なんて無い
どちらも貴方で素敵でしょう?
それでも正解を求める。命が飽和している、この時代は

諦めるくらいなら、頑張ってみろ
だなんて、
貴方は「頑張った」ことがあるのかい
それぞれのモノサシ
見てみて測ってみて


朝の日差しは「美」であるとか
沈む夕日も「美」であるとか

そんなの貴方の言い分でしょう
なら、それで良いじゃない
なら、それで良いじゃない。ねぇ?

何が正解なんて無い
どちらも貴方が感じたことよ
それでも違いを拒む。持論が飽和している、この時代は

死ぬための勇気で生きてみろ
だなんて、
貴方は「生きてる」と思ったことがあるのかい
それぞれのモノサシ
見て見比べてみて

人の感性なんて複雑怪奇
それを理解しようなんて千年早い
高説たれる前に
貴方の感性を教えてよ

生ぬるい歌詞書きです。

絵師様の作品を基にさせてもらっている時もあります。
すいません;;

何故かあるブログhttp://awamo.blog62.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP