【曲募集中】夏の風

投稿日:2018/10/27 13:33:23 | 文字数:274文字 | 閲覧数:53 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

残したい箇所を指定頂いてのリライトやテーマ変更、構成やメロに合わせての調整も承ります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

砂に誰かが書いた おどけた愛の文字を
夕暮れの色に満ちた 波がさらっていく
夏の匂いの風は 僕の耳くすぐって
振り返ればまだそこに 君がいる気がした

笑顔だった君に 何が言えただろう
せめて前を見て 歩いてるけど

声を上げて二人で はしゃぎ合ってた夏の日々は
立ち止まりそうな僕の 背中を優しく押して
君のいない季節に 今も慣れない僕を笑う
君の気配を乗せて 静かに風は過ぎてく

君と二人 未来を信じ続けた夏の日々は
一人で歩く僕の迷いを 洗い流して
君が笑う その声を まだ僕の
耳に残したままで 静かに風は過ぎてく
ゆっくりと夏は過ぎてく

歌詞提供楽曲の公開マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/22196729
ネタメインの自作曲マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/23436480


↓メールアドレス↓※□を@に変えてください。
redmoon9312□yahoo.co.jp


たぐい

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは。龍徹です。
    この度は私の曲に応募いただき、ありがとうございました。

    歌詞を熟読させていただきました。

    "おどけた愛の文字"、"君の気配を乗せて 静かに風は過ぎてく"といったお洒落な表現が多く、それでいて詞にまとまりがあると感じました。

    "夏の風"が君の面影を彷彿とさせ、
    ゆっくりとした時の中で、まだ未練が残る気持ちや、虚しい感情が想像できます。
    それでいて、思い出を糧に前を向こうとする主人公に感情移入させられました。

    また機会がありましたら宜しくお願い致します。

    2018/08/29 01:38:29 From  龍徹

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんにちは。ご丁寧な感想ありがとうございます!
    今回応募させて頂いた曲は、何と言いますか貫録を感じさせられる王道バラードで、とても綺麗で切ないながらも暗くならず、安心できる雰囲気に、私の方も楽しく作詞させて頂きました。ありがとうございました。

    素敵な楽曲が無事に完成されることを、陰ながら応援させて頂きます。
    また機会がありましたらよろしくお願いします!

    2018/08/29 09:41:29 たぐい

▲TOP