研究室の試薬庫が臭い

投稿日:2013/07/28 22:32:51 | 文字数:813文字 | 閲覧数:146 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

あんまり知られていない世界の話です。

常人にはあずかり知らぬ世界を、日常として暮らしている人も少なからずいます。
そしてそんな世界を意外と楽しんでたりするんですね。

作中に書かれていることは限りなく実話に基づいたフィクションです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

研究室の試薬庫が臭い ドアを開けた瞬間はそうでもないけど
研究室の試薬庫が臭い 棚を開けたら即座にknock out

快晴でも日の当たらないおんぼろビル
うっかり実験しようと開けたら地獄を見る
液体試薬は特に強烈
廃液入れはリアルに危ないドラッグ臭

実習室に引きこもってる間に
手作り感満載の看板付いた
お金が入ったのならいいかげん
壊れた冷蔵庫買い直してほしい

10年間霜取りしてないからサンプルが氷漬け(毎日発掘作業)
マジックテープで留めてる扉ってどうなの(忘れるとアラームが鳴る)

Scientific laboratory 常人禁制の秘密の扉
Scientific laboratory したがって変わり者しかここには来ない

研究室の試薬庫が臭い 知ってる語彙では形容しがたいニオイ
研究室の試薬庫が臭い なんかオッサンと発酵食品混ぜたsmell

蓋は閉めてるのに何なのこの匂い
もう何年しみついてるのかこの刺激臭
実験動物はほんわか日向臭い
嫌気性細菌生やしたらマジで臭い

掃除はしていますが
アルコールを撒きますから
床は塩素で磨きますから
空気だけが余計にカオスになる

培地だけはちょっと美味しそうな匂いがする(栄養満点)
多分閉じ込められてもこれで生き延びられる(冷凍の菌がいるけど)

Scientific laboratory 一日二日じゃ慣れぬ臭いでも
Scientific laboratory 三日もいたら立派にみんな中毒者

実践系の一部が馬鹿にするけど 見えない仕事って大事だよね

Scientific laboratory 謎が謎呼ぶ変態の天国
Scientific laboratory 守秘義務が多いからすべては語れません

Scientific laboratory 日陰でこっそり明日を創る
Scientific laboratory あまり楽しくないワンダーランド

青い物が大好きなしがない詩書き。
まったり気まぐれに、ひねくれた文章を書いてます。基本的に冷めてる。でも時々ふっ切れる。
お気に召しましたら読んでくださいませ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP