名前のない森

投稿日:2017/07/27 00:09:27 | 文字数:532文字 | 閲覧数:82 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この街じゃもう誰も眠らなくなって
夜がなくなったのは君のせいなんて言うつもりもないけど

誰もが見たことないような
星空を探しに行こうかって忍び込む

見上げることもいつの間にか忘れて
ふしだらな欲を満たすことだけ考えるの

ここからじゃもう見えなくなる星空
ネオンがうるさすぎてかき消される
またたきの数さえ知らずに
見上げても吸い込まれやしない

迷い込んだ果てにたどり着くのは
鉄とコンクリートに冷たい風が吹き抜ける名前のない森
一度入るともう出られない
誰もが出口を探し続ける
最初から無いのに

逃げられると思い込む誤算
既に手の内で
気づかぬままでいたほうがいいのに

ここからじゃもう見えなくなる星空
ネオンがうるさすぎてかき消される
またたきの数さえ知らずに
見上げても吸い込まれやしない

優しく照らされた横顔
すこしさみしそうに見えたから抱き寄せたの
震えてるのは怖いんじゃなくて
少し夜風にあたりすぎたせいだね

ここからじゃもう見えなくなる星空
ネオンがうるさすぎてかき消される
またたきの数さえ知らずに
見上げたら吸い込まれる

どこまでも続くかと思う星空
ネオンの明かりに負けず輝け
なんて思いも知らずまたたく
あの星は何を思うのだろう

作詞作曲ギター
巡音ルカV4X導入なう

ステキなアイコンは綾.さん作


ツイッタ→sigarami_gtvo

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 名前のない森

    by zaq0325さん

▲TOP