追想歌(仮)

投稿日:2015/07/23 08:19:21 | 文字数:873文字 | 閲覧数:143 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

sunon さんの曲への投稿です(http://piapro.jp/t/cDgy


ずっと昔に、ほほえましく見守っていた少女と、
その不条理な死をしのぶ神様の物思いです。

きれいで、壮大で、悲しいところもある曲のイメージから、
人里のはずれにあった、緑に囲まれた小さな神社を想像しています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

若草萌えて 匂いおこす青時雨
踏み分ける音 浮かび来る面影

定まることを知らぬ世に 結びては落つる露命
祈る言の葉 うつろえど 願いはとこしえに

彼方へ過ぎし月日 夢となり 数え切れぬ夏を越えてなお
木漏れ日揺れる まるい頬 いまもあせぬまま

伸びあう雲を染める入日 茜色
照らされる背に 遠き日の歌声

果て無きときにたゆたいて 空の色さえも遊べども
人の心は陽炎か 綾なすすべはなく

届かぬ声で呼ぶ名 風となり 伸ばす腕にすがるは幻
刹那の花は いたずらに はらり 散りいそぐ

嗚呼、幾度問うても 答えは闇の中
こぼれ落つ涙 ぬぐえぬ この身は

届かぬ声で呼ぶ名 風となり 伸ばす腕にすがるは幻
刹那の花よ 散るなかれ 願うことも 叶わぬなら

静寂に眠る 御霊よ いつの日か
うつつに還る 目覚めまで せめて安らかに


●ひらがな

A
わかくさもえて においおこすあおしぐれ
ふみわけるおと うかびくるおもかげ


B
さだまることをしらぬよに むすびてはおつるつゆいのち
いのることのは うつろえど ねがいいはとこしえに

S
かなたへすぎしつきひ ゆめとなり かぞえきれぬなつをこえてなお
こもれびゆれる まるいほほ いまもあせぬまま

A
のびあうくもをそめるいりひ あかねいろ
てらされるせに とおきひのうたごえ

B
はてなきときにたゆたいて そらのいろさえもあそべども
ひとのこころはかげろうか あやなすすべはなく

S
とどかぬこえでよぶな かぜとなり のばすうでにすがるはまぼろし
せつなのはなは いたずらに はらり ちりいそぐ

C
ああ、いくどとうても こたえはやみの中
こぼれおつなみだ ぬぐえぬ このみは

S~LS (S 15-14 12-10 + LS 2)
とどかぬこえでよぶな かぜとなり のばすうでにすがるはまぼろし
せつなのはなよ ちるなかれ ねがうことも かなわぬ なら


LS (7-9 12-8)
しじまにねむる みたまよ いつのひか
うつつにかえる めざめまで せめてやすらかに

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP