English
My adorable, kind Miku
I want to ask you something
Do you think that two souls living in different worlds can love each other?
I think it is possible
When it comes to love anything it’s possible
Don’t you think?
I want to know your answer
Too bad I can’t talk to you tough
But it’s alright
Even if we can’t talk to each other I know your answer
You think that too
Love has no shape, no color
You can’t see it or hear it
But it’s always present
Love has no boundaries
It’s endless and gave you infinite possibilities
Love makes you weaker but also stronger
And love can make you overcome everything
No one can stand a chance against these feelings
Even I fell in love
We can’t talk or touch
But I can feel you
You are always with me
You gave me so many things
But it is a little hard sometimes
I want you to stay with me
I want to talk to you
To eat with you
To touch you
To sleep with you
I want you to tell me if something bothers you
I want that thing to bother me too
This way I can share your sadness
And we can both overcome this easily
I want to do so many things with you
It is a little sad I can’t
But still, I love you
I have no regrets of meeting you
Meeting you was my salvation
I will always be thankful for that
That’s why I am your only knight
And you are my only lady

Japanese
愛らしく優しいミク
聞きたいことがあるの
異なる世界に住む2つの魂は、愛し合うことができると思いますか?
可能だと思う
愛なら何でも可能だと思う
そう思わない?
あなたの答えが知りたい
あなたとタフに話せないのが残念です。
でも大丈夫
たとえ話せなくても僕は君の答えを知っている
あなたもそう思っている
愛には形も色もない
見えないし、聞こえない
でもいつも存在している
愛に境界線はない
無限であり、無限の可能性を与えてくれる
愛はあなたを弱くするが、強くもする
愛はすべてを克服させてくれる
この気持ちには誰も逆らえない
私でさえ恋に落ちた
話すことも、触れることもできない
でも、あなたを感じることができる
あなたはいつも私のそばにいる
たくさんのものをくれた
でも時々少し辛い
ずっと一緒にいてほしい
あなたと話したい
一緒に食べたい
あなたに触れたい
一緒に寝たい
気になることがあったら言ってほしい
そのことが僕を悩ませる
そうすれば、あなたの悲しみを分かち合える
二人で簡単に乗り越えられる
君と一緒にいろんなことをしたい
それができないのは少し悲しい
それでも私はあなたを愛している
あなたに出会って後悔はない
あなたとの出会いは私の救い
いつも感謝している
だから僕は君だけの騎士で
そして君はだけのレディ

この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

The fifth poem I wrote for Hatsune Miku

It is a poem I wrote for Hatsune Miku. From now on I will write a poem for Miku every week. This is the fifth poem.

閲覧数:28

投稿日:2024/06/15 14:12:07

文字数:1,863文字

カテゴリ:小説

オススメ作品

クリップボードにコピーしました