片腕

投稿日:2008/05/17 01:27:56 | 文字数:962文字 | 閲覧数:124 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

人は無いものねだり 隣の芝は青い
煩悩は消えず、消えぬ限り、六界を彷徨うばかり
どれほど繕っても、身の無い虚構は虚構のまま

そんな歌?
ひらがなつけてみました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

私の片腕をあげませう
足りないのなら もうひとつ
甘く細い白魚に
束の間の夢を見なさい

私の片足をあげませう
足りないのなら もうひとつ
若くしなる羚羊に
馨しい夢を見なさい

何れ程 上手く 偽れど
成り代われぬ 愛しき痛み
終わらぬ迷路 欲望は
目覚めて見る くり返す夢
尽きぬ吐息に惑ふ


私の腸をあげませう
足りないのなら 心まで
赤く澄んだ水流に
束の間の夢を見なさい

私の顔をあげませう
足りないのなら 脳裏まで
蒼く透ける水晶に
すべらかな夢を見なさい

何れ程 強く 交われど
すぐに分かつ 儚い宿世
悲しき運命 絶望は
夢へ至る 一方小路
蜘蛛の白糸 切れる


足せど 満ちぬ 無限の月
惑ひ 辿る 夢幻の空
此処に 咲いた 花一片
ふいに さめる 玉響の



何れ程 上手く 偽れど
成り代われぬ 愛しき痛み
定まらぬ心 終の幻
目覚めて見る いつか見た夢
尽きぬ輪廻に惑ふ

-------------

わたしの かたうでを あげましょう
たりないのなら もうひとつ
あまく ほそい しらうおに
つかのまの ゆめを みなさい

わたしの かたあしを あげましょう
たりないのなら もうひとつ
わかく しなる かもしかに
かぐわしい ゆめを みなさい

どれほど うまく いつわれど
なりかわれぬ いとしい いたみ
おわらぬ めいず よくぼうは
めざめてみる くりかえす ゆめ
つきぬ といきに まどう


わたしの はらわたを あげましょう
たりないのなら こころまで
あかく すんだ すいりゅうに
つかのまの ゆめを みなさい

わたしの かんばせを あげましょう
たりないのなら のうりまで
あおく すける すいしょうに
すべらかな ゆめを みなさい

どれほど つよく まじわれど
すぐにわかつ はかない すくせ
かなしい さだめ ぜつぼうは
ゆめへいたる ひとかたこうじ
くもの しらいと きれる


たせど みちぬ むげんのつき
まどい たどる むげんのそら
ここに さいた はなひとひら
ふいに さめる たまゆらの

あぁ

どれほど うまく いつわれど
なりかわれぬ いとしい いたみ
さだまらぬ こころ ついのゆめ
めざめてみる いつかみた ゆめ
つきぬ りんねに まどう

歌詞を書いています。文章屋です。

音楽系趣味は某音ゲー(太鼓じゃない奴)の影響が強いです。
レンの姫歌に惚れて入会しました。

詩しか書けませんが、なんにでも使って頂けると幸いです。
手書き以外の文書には一切絵文字、顔文字、アスキー文字(?)を使わない、
という信条を持っているので、多少コメントがそっけなく感じられるかも知れませんが、
愛情たっぷりです。よろしくお願いします。

名前は、「七瀬」が本当ですが、既に別の七瀬さんが入会されていたため、
アンダーバーを挟んでいます。どちらを使ってくださっても結構です。

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/mylist/8622943

実谷ななさんのCDに参加させていただきました
http://pigxie.com/mitani_nana.html

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP