君がいた季節

投稿日:2014/11/20 09:22:58 | 文字数:284文字 | 閲覧数:578 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

だいたい全部君のせいだ
最愛の秋はもう来ない
大概の思い出には
毎回君がいるから

どれくらい経ったのかな
いつから数えなくなった?
焦がれていた、見つめ合った、それだけ―

君がいた季節を
嫌う事が出来たら
君がいた記憶を
思い出さず生きていける気がした

紅葉した落ち葉溜まり
身体を埋めてももう
君の温度は無い

仰向けになって見えた
葉が落ち切りかけた木に
責を向けて、自棄になって、それから―

君がいた季節を
忘れたくてこう言う
「君がいた記憶をこの一葉が落ちた時に捨てよう」

涙が落ちないように堪えて
寂しくはないよ、と意地を張った
最後の葉が散るまで

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP