終幕影像

投稿日:2010/10/30 22:31:40 | 文字数:431文字 | 閲覧数:272 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

君は僕。
カメラ、俯瞰、自分、渇き、そしてまた歩く。

応募用

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

指先は 逃さず 映す
その靴 階段に 揺られる

額縁の 片隅 そっと
紙の鶴 羽ばたく 影像

君はまた 視線を 伏せながら
いま、閉じた未来 葬る

滲まぬなら 確かに リアルだろう
切り取られれば 乾いてゆくけど
朝は砂で ひび割れ 流れ去って
証明がまだ 足りない 足りない


イメージの 頭上 溜息と 夕霧(せきむ)
踊り場へ 転げ 焦げていく 記憶
空間を 塞ぐ シャッターを 切った
眩さに 全て 隠されて


まっすぐに 死にゆく 光
傍観する今日が 葬列


乾いた土 フレームで切る 
その群像 落とし込む 空白の先へ
羽ばたいては 縁に打たれて
色無き罪 紙の鶴 静かに折れていく


示すことも 此処から 逃げることも
できないままに 日付は 重なる 
冷たい床 アルバム 置き去られて
佇む君が 枯れてく 枯れてく


欲しいのは 現実じゃない
ブレていく 階段 見上げる
死んだのは 折り鶴じゃない
終幕の 景色は この目で焼き付け

だらっとやってます。
サイトメインに移行気味。
名前を灯下箱、に変えました。

置いてある歌詞はNNI、ボカロ、ウタウ、営利じゃない限りはどれでもお好きにお使いくださいー。報告くだされば媒体自体はなんも気にしません。

http://www.nicovideo.jp/mylist/8748983
http://idea.futene.net/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP