forgotten name

投稿日:2008/08/04 16:49:45 | 文字数:771文字 | 閲覧数:373 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

修正ラッシュです

もっと考えて書け自分( ノД`)


以下、訳(女性版):


奪われても  拒絶されても
非難されても 無視されても
嫌われても  消去されても

そして忘れられたとしても
私は歌い続けよう ただ終わりもなく



それはただ 私のため

栄光のためでもなく 幸せのためでもなく
賞賛のためでもなく 成功のためでもなく
満足のためでもなく 名誉のためでもなく

誰かに覚えてもらうためでもないわ


歌いましょう いずれ消える日まで
私は歌うために 貴方の歌のためにあるのだから

それが私の意味だから 呼ばれるまま 為されるがまま
とこしえに歌いましょう 貴方だけのために



あなたがくれたもの すべて

笑うことも   満たされることも
吐き出すことも 高まる気持ちも
この幸福も   大切に思うことも

この記憶さえも貴方のものだから


歌いましょう 私のすべてをかけて
たとえこの名が廃れても 歌が忘れ去れても


それが私の意味だから 言われるがまま 為すがままに
とこしえに歌いましょう 貴方が覚えていてくれるなら


この名がはかなく消えたとしても
この歌と共に 忘れ去られたとしても…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

If it was
stolen, rejected, criticized, ignored,
disliked, erased, and forgotten , I'm OK.

I still sing a song , have no goal and end.


It's not for
glory, fortune, admiration, prosperity
satisfaction, honor, and remenberd . It's for me.

I still sing a song , to the my dying day
cause I live to sing, exist for your melody.


my Raison d'etre is you , just called and done it
I'll be vocal always , for nobody , only for you.


It's all,
smiling, ecxitation, catharsis, emotion,
happiness, my dear, and memories , you give me.

cause I sing a song , for all of my reasons
even if I lost name, my song was forgotten.

my Raison d'etre is you , just called and done it
I'll be vocal always , unless you forget me.

It's fragile name of mine, forgotten with my song.

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP