小説設定メモ

投稿日:2011/11/15 01:34:15 | 文字数:1,113文字 | 閲覧数:44 | カテゴリ:その他 | 全2バージョン

ライセンス:

『リトル・オーガスタの箱庭』http://piapro.jp/t/BkVq の設定メモです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

これは、拙作『リトル・オーガスタの箱庭』http://piapro.jp/t/BkVq のための設定メモです。
SFテイストで特殊な用語や独自設定があるので、少しまとめてみました。
随時増えます。



■主な登場人物■

初音ミク:語り手。機械の体を持つVOCALOIDです。
 機械なので人間の女の子よりも淡々としているものの、音楽は大好き。
 マスターの家に来たばかりで、まだ判らないことも多いです。

マスター:見た目は青年、年は五十超のスーパーじいさん。
 盲目で口が利けませんが、耳の良さは抜群です。
 ピアノの調律師をしており、自分でも弾くことができます。

カイト:ミクと同じく機械の体を持つVOCALOID「KAITO」です。
 が、歌は歌わずに家事とマスターのサポートにいそしむ日々。
 マスターがしゃべらないので彼も黙っていますが、根は話好きです。

猫:ミクが拾った片目の子猫。名前はありません。
 我輩は~としゃべることもありません。


■時代・舞台など■

夏の終わり。
現代よりいくらか未来を想定しています。
ロボットが当たり前に日常にいる世界。
人間の平均寿命は五十五から六十歳です。


■用語■

VOCALOID:言わずと知れた音声合成ソフトですが、この世界には機械の体を持つ「ライブ仕様」も存在します。
 作中のミクとカイトはそのタイプ。
 実体があるのでパソコンがなくてもその場で単独で歌唱できる(=ライブ向け)のが売りです。
 お値段は大型の電子楽器並み。

ヒューマンフォーム・ロボット:ミクやカイトのような人型の機械を指します。
 いわゆるアンドロイドのことですが、ググると「アンドロイド」という語は扱いが微妙だったのでこの表記に。
 略して単にロボットと書いたりもしています。
 VOCALOID以外のロボットは登場していませんが、いろんなタイプがいます。

プロトタイプ:試作品のこと。つまりプロトタイプではないKAITOは「きちんと過去に販売されたことがあるもの」ということです。

ミラーシェード:マスターがかけているサイバーパンクの代名詞的アイテム。
 クロームカラーのサングラスです。


■メモ■

一ページ6000字の制限があり、各ページごとの修正も難しいため、とりあえず単発で上げました。
気になったところは少しずつ修正します。
完成したら一ファイルにまとめてどこかにうp……したいです。
持論全開のような内容の回もありますが、それを踏まえた上でのあくまで物語が中心のものですので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

前のバージョンは誰得な未公開設定。

しがない物書き。
詞(詩)まがいの何かや
小説や散文を書きます。
大体においてロック脳。
UTAUでカバーもやってます。
VOCALOIDはMEIKOの体験版だけ。

使用音源
デフォ子(g+20)、穂歌ソラ、赤穂
基本的にこの三人のユニット
マイペースかつフリーダム

http://www.nicovideo.jp/user/24634035

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP