幸せと言えるのは

投稿日:2012/08/23 16:45:22 | 文字数:952文字 | 閲覧数:127 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/29Cb


歌詞を書かせていただきました!



誰かを傷つけてしまう自分も、今幸せとなんの不安もなくいられるのも、
誰かがそばにいて、ほんとのひとりじゃないから言える事であるのだな…と。

だから、いつでもそれを胸において、誰にでもやさしい自分でいられたらいいな…
幸せでいられるのは(良い意味でも悪い意味でも)そばに支えてくれる人がいるからで…。

そんな思いを忘れないようにと、自分に言い聞かせるように書いてみました(*^^*)


全て残すってところは、自分を残すって意味と、
みんなの想いを、存在を未来にまで残すって意味も、込めてみたつもりです!


題名は、ちょっと思い浮かばなかったので、考えておきますね(*´`*)♪

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

言葉にならず 黙り込んでた 雨降るように 運命(さだめ)はあった
ほほ笑む事で 抵抗してた 何も変わらず 痛み叫んだ

悲しめたり 悲しむ人 いないのなら 願えた
ただ そう ひたすらに願う 愛したいと

幸せと 幸せと 幸せと 言えるのは
まだほんとの ひとりじゃないから ここにいるよ
許したい 許したい 許されて いれたから
光歌え 導かれるままに


それが叶えて いい願いなら… 言葉にそっと 祈りを込めた
傷つけもせず 悲しめもせず それを思うと 声にならない

善や悪や 正義なんて ないのならば ぼくらは
ただ そう 誰も責めないで やさしいから

無感情 無関係 無関心 何もない
不幸じゃない 自分の世界を 守れたから
愛したい 愛したい 愛してる この世界
全て残す 魂(いのち)燃え尽くして


幸せと 幸せと 幸せと 言えたのは
ここでキミと 笑っているから 気付いていた
愛したい 許したい 信じたい 信じてる
愛するんだ 永遠になるまで


__



ひらがなバージョン


ことばにならず だまりこんでた あめふるように さだめはあった
ほほえむことで ていこうしてた なにもかわらず いたみさけんだ

かなしめたり かなしむひと いないのなら ねがえた
ただ そう ひたすらにねがう あいしたいと

しあわせと しあわせと しあわせと いえるのは
まだほんとの ひとりじゃないから ここにいるよ
ゆるしたい ゆるしたい ゆるされて いれたから
ひかりうたえ みちびかれるままに


それがかなえて いいねがいなら ことばにそっと いのりをこめた
きずつけもせず かなしめもせず それをおもうと こえにならない

ぜんやあくや せいぎなんて ないのならば ぼくらは
ただ そう だれもせめないで やさしいから

むかんじょう むかんけい むかんしん なにもない
ふこうじゃない じぶんのせかいを まもれたから
あいしたい あいしたい あいしてる このせかい
すべてのこす いのちもえつくして


しあわせと しあわせと しあわせと いえたのは
ここできみと わらっているから きづいていた
あいしたい ゆるしたい しんじたい しんじてる
あいするんだ えいえんになるまで

曲を作って下さる方に、
恥ずかしい思いをさせない
そんな歌詞を心を込めて
作詞したいといつも思います*


まだまだ初心者ですが、
わたしの詩を、好きだなと
読んで思って下さった方達に
使っていただければ、それが
いちばん嬉しいです\(//∇//)\


マイペースにのんびり活動中…_φ( ̄ー ̄* )

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP