冬の果てに

投稿日:2018/07/03 16:53:40 | 文字数:553文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自由さんの音源の応募作品です。歌詞詳細は採用され次第、追加します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

凍える胸に あなただけ 思い描く 心にそっと 灯をともしてくれる あなたは

雪の降る 寒い夜 あなたの帰りを待つ それでもまだ 姿 ここには 何も 無くて ただ 胸痛い
ひとりの冬は寒い わがまま聞いて欲しい あなただけに 私 助けられていたから 胸の芯まで

抱いて 抱きしめ 二人 ただ 暖め合う 冬の寒ささえも 消えていくような kiss まだ?
あなた 失い 凍えてる毎日でも 雪は 降り止むことはなく 私を打ち続ける

雪が降り 暗い夜 あなたを思い出して それでもまだ 姿 ここには 今も 無くて ただ胸痛い
ひとり寂しく眠る あなたの温もりから 何もかもを 私 愛し続けてるから 胸の芯まで

熱い 吐息を 絡ませて 求めている 寒さ 吹き飛ぶ 言葉さえ かけてはくれないの?
あなた 失い 凍えてる毎日でも 雪は 降り止むことはなく 私を打ち続ける


凍える胸に あなただけ 思い描く 心にそっと 灯をともしてくれる あなたは


抱いて 抱きしめ 二人 ただ 暖め合う 冬の寒ささえも 消えていくような kiss まだ?
あなた 失い 凍えてる毎日でも 雪は 降り止むことはなく 私を打ち続ける

あなたを愛し 傷ついて 気がついたよ あなたは ここにいない 私は いつも ひとりだよ

どうも。歌詞書きのConyです。
はひりフユという名前でTwitterをやっています。

主に、歌詞を書かせていただいております。歌詞が必要な方、ご依頼受け付けておりますので遠慮なくご相談ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP