讐ノ糸 (あだのいと)

投稿日:2011/01/10 18:37:45 | 文字数:1,058文字 | 閲覧数:201 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

書き溜めたストックラストです。これからは絵の方に力入れなきゃw

最初と最後の口上は有名なものなので、何を題材にしたか分かるかと。…いや、結構マニアックかもw

もうね、ルンルンで書いてましたよ!ええ、気持ち悪いくらいにw
こういうのが一番書きやすいです

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「此ノ日ノ本ニ」
「天照ラス伊勢ノ神風吹カザラバ」
「我ガ眷族ノ蜘蛛群ガリ」
「六十余州ヘ巣ヲ張リテ」
「疾クニ魔界ト成サンモノ」

Aメロ
殿上の 下衆人よ            てんじょうの げすびとよ
此の聲が 聴こゆるか          このこえが きこゆるか
”呪詛に塗れし政の罰と”        すそにまみれしまつりのばつと
幾千夜に 語り継げ           いくちよに かたりつげ

Bメロ
「太刀取れ 今宵の月は         たちとれ こよいのつきは
 鬼の乱るに 相応しい         おにのみだるに ふさわしい
 情も要らぬ 赦も成らぬ        なさけもいらぬ ゆるしもならぬ
 そちらが黥面 血に穢せ」       そちらがげいめん ちにけがせ

斬・奪・斬・奪・一切・必殺

*サビ
忌ましむは 汝を染める 鬼の陰     いましむは なれをそめる おにのかげ
餓えた 倫は 魔霊の 便り         かつえた みちは まれいの たより
斬り結ぶ 千の刃 血に澱め       きりむすぶ せんのやいば ちによどめ
綾成し 櫻 今や 死化粧        あやなし さくら いまや しにげしょう

Aメロ
天上の 痴人よ             てんじょうの しれびとよ
此の眼を 忘るるな           このまなを わするるな
”糜爛の背で素知らぬ猿”        びらんのせなでそしらぬましら
仇野に 棄てて置け           あだしのに すてておけ

Bメロ
「弓引け 今宵の夢は          ゆみひけ こよいのゆめは
 朱の如くに 狂おしい         あけのごとくに くるおしい
 迷いも要らぬ 償いも成らぬ      まよいもいらぬ まどいもならぬ
 其方の妄念 地に沈め」        そなたのもうねん ちにしずめ

斬・奪・斬・奪・一切・必殺

サビ2
行き交うは 病める土の 蜘蛛の群    いきかうは やめるつちの くものむれ
掠めた 幸は 夜叉の 閾値         かすめた さきは やしゃの いきち
斬り棄てる 先の腕 穢土を成せ     きりすてる せんのかいな えどをなせ
あなや 悪しと 最早 羅刹女      あなや にくしと もはや らせつにょ

斬・奪・斬・奪・一切・必殺

*くりかえし

「色ヲ尽クシテ夜昼ノ」
「色ヲ尽クシテ夜昼ノ」
「境モ知ラヌ有様ノ」
「時ノ移ルヲモ」
「覚エヌ程ノ」…

イラスト、歌詞欄で生息中です
ボカロメタル増えろおおおお!!
HP→http://garyoutennseibrc.web.fc2.com/
pixiv→ http://www.pixiv.net/member.php?id=177585
ツイッター→ http://twitter.com/yatagaras6

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP