手をつないだ頃

投稿日:2016/10/10 18:44:36 | 文字数:305文字 | 閲覧数:54 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

手をつないだ頃(http://piapro.jp/t/KLHw)の歌詞です。もっといい歌詞が書ける方、よろしければ作品を完成させてください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

出会いはいつだってきっと偶然で
人を好きになるのもきっと偶然

うしなった恋人の 代わりと言ったら悪いけど
あのときはただ 心の支えがほしかった

二人手をつないで 眺めた都会(まち)の景色
本当(ホント)は私も 気になりだしてる


人を好きになるのに 理由はなくても
人が別れるわけは 間違いなくある

心の支えだったその人をいつか好きになって
でもふとした拍子に 前の恋を思い出すの

二人手をつないで いても比べてしまう
そのたび 大きな傷を刻んで


手をつないだ頃に くれた優しいココロ
どうしてもっと 大切にしなかった
手をつないだ頃は 気づけなかった気持ち
遅すぎるけれど ごめんね ありがとう

ことばを綴り、思いついた旋律をつけて気ままに歌を作っています。自らの経験や、何気ない景色、身の回りのこと、鉄道なんかをよくモチーフにします。
歌詞募集中のよい作品があれば、気まぐれで歌詞をつけに行きます。
どうぞあたたかく見守ってやってください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】手をつないだ頃【オリジナル】

    by 京橋 ひよわさん

▲TOP