ぐるぐるしんやがーる

投稿日:2012/11/23 23:12:56 | 文字数:412文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞 | 全6バージョン

ライセンス:

しんやがーるはぐるぐるぐるぐる
ねむらないのかねむれないのか

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もう飽きるまで聞いた君の声 頭ん中の声
寝転がって見上げる 回りだす 天井と瞼

睨みつける左手の指 絡む影を引き剥がす様に
まだそんなに温かくない布団の中で強く握り潰す

いつからか
ずれてった想いの始まりを思い返して
要らない事ばかりを思い出しすぎちゃって疲れた
考えすぎだってね 堅くとじてみても
錆び付いてった心が音を発ててないてる

ねぇ きっとこんな想い
いつか日か忘れるのでしょう
黙り込んで仕舞うはずなのに
目の前で崩れて落ちた

うなだれながら拾う星
眩しすぎて潜りこむけど

知らぬ間に
いつからか
ずれてった想いの終わりは瞼の裏で
要らない事ばかりが時計の針を回した

白くなっていくのは空と窓と写真
錆び付いてく心は音を発てて震える

つまんないこと言うけどほんとの好きでした
記憶の中でさえも笑ってやりすごすのね

今涙が出るけのは悩んでるわけじゃなくて
消えてくれないアナタを洗い流しているだけ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP