時間泥棒

投稿日:2019/05/27 21:36:55 | 文字数:666文字 | 閲覧数:114 | カテゴリ:歌詞 | 全10バージョン

ライセンス:

https://piapro.jp/t/S8Gr
透P様の歌詞募集楽曲への応募歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
その場しのぎの 言葉でさえも
音に乗せたら 瞬く間に 響いて
心残りも 苦し紛れも
思いの丈を 曖昧にリピート

1B
会いたい人 取り合う手の
ほどけた日を 覚えてる
綯(な)い交ぜたら くだらない
諦めのような 歌に

1サビ
何かを 重ねている 二つの針 回すメロディ
どこにも ありはしない 叫び声 みたいに
聴こえたら この声が 届くなら……
過ちも ためらいも そして 消える
二人を 丁度半分に 戻らなくて いいと言う前に
ゆったりと したリズムに 気が逸(はや)る どうして
止まればいい こんな世界 もう待てない
愚かさを 急かす 時間泥棒

2A
あるがままでも 紛い物でも
意識を拾って 掠め盗れば 差はない
ハジメマシテも 顔馴染みでも
ふとした隙に 傷痕を遺す

2サビ
誰かを ずっと待っている 誰かのこと 感じている
互いの 針がどこを 指してるか 忘れて
外れても 走っても 間違っても
何があっても 構わない ほどに 心地良い
歯車 噛み合っている 絡み合って 帰らなくて
あまりに 進みすぎた 運命を 見送ろう
いつの間に すぐそばに その終わり
背中合わせ やがて 始まり

大サビ
今でも 並んでいる 二つの針 鳴らすメロディ
仮にも 二度と共鳴 することは なくても
巻き戻せ 巻き戻せ 巻き戻せ
何度でも 迷えばいい あの日 過去に
二人の アウトロまでに 問いかけるのを やめる前に
今更 何か一つ 言い遺した 何かが
いつからか 見つからない この曲は
答えすら 奪う 時間泥棒

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP