街看病 歌詞

投稿日:2017/06/10 20:05:36 | 文字数:257文字 | 閲覧数:244 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

街看病の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

街看病

街が病んだ そろそろどこか遠くへ
スコップ両手に地面掘る人々
地下鉄の落とし穴はもうすぐだ
轟音の中で消えてしまう存在

マーチが止んだ 傾くブリキの太鼓
ほこりが居眠るショーケースの中
そびえ立つ風はビルを飛び越え
点滴が一滴ずつ垂らす

カーテンが揺れる風景 光が瞬いたら
止まらない過去が泡を吹いて目を閉じて
手を掲げたって 助けは鳥のようで
飛んでいった

街が死んだ 弔う黒い人々
供花を突き刺す ひび割れた路に
電話は鳴る 忘れ去られぬように
懐かしい音が聞こえている
地面の底で歌っている 

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 街看病 オフボーカル版 

    by hoseyaahose12さん

▲TOP