孤独なクジラ

投稿日:2016/07/17 15:40:23 | 文字数:371文字 | 閲覧数:79 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

こちらの楽曲の歌詞でございます。
http://piapro.jp/t/0Dqv

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

孤独なクジラ

A
いつも僕はひとりなんだ だれも近づきやしないさ
君はどこを見て話しているの そっか君は仲間がいるんだ
いいな僕も仲間たちと 一緒に歌を唄いたいな
でもさ僕は嫌われものだから 今日も一人で歌を唄う

サビ
ひとりぼっちの歌は水に溶けてって
後に残るは泣くクジラの声だった
「大丈夫」と一人上を向いて笑った
笑っていても涙は止まらなかった

2A
ある日歌を唄う僕に 君は素敵だというんだ
君はどこを見て話しているの そっか君は僕をみてたんだ

C
ひとりぼっちのうたはとても寂しくて ひとりぼっちのうたはもう散々で
君と一緒に歌いたいと僕は言う 君はもちろんさと笑顔で腕を引いた

大サビ
ひとりぼっちの歌は響き輝いて
後に残るは笑うクジラの声だった
「一人じゃない」って上を向いて笑った
ひとりぼっちのクジラはいなくなった

クリエイターユニット"Navy"作編曲担当。
綺麗爽やかわいい曲がとても好き。
そんな曲が作れるようになりたい。
たまに歌う。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 孤独なクジラ

    by 夏目咲希さん

▲TOP