バイオリポスト(feat.初音ミク)

投稿日:2019/03/20 23:15:33 | 文字数:553文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつの間にか落としてたんだ
大切なものが見つかっても
今更何も思わないよ

昔秘密基地だった
蜘蛛の巣だらけの空き地も
もう誰も居やしない

ふざけて 落ち込んで ただ笑いあっていた 暗くなるまで
ふさぎこんだ日も明日になれば忘れてた それからは

痛いくらいに誰かと比べられる
存在自体を値踏みされ居場所がなくなる

あの日の自分が何処かに消えてしまったようで
未だ見つけられない

(それでも)

もう生きたくないな
でも死にたくないな
だから残そうかこのくだらない今を

終わりは見えないな
まだ続いてくんだ
立ち尽くすレールの上

自分で選んだ道なのに
誰かのせいにしてばかり
不規則に揺れる灯は
まだ消すには少し惜しい

本音で語りあったいつかの仲間たちは
どこにいるんだろう
気づけばみんな目が覚めて
自分だけが夢の中に取り残されてる

タイムリミットは近くて
「まるで道化みたいだな」と
傍観者は笑うが
戯言を気にしている暇はない
現実の隙間から少し見えたあの光の差す方へ

まだ届かないんだ
本当の心が
震えて止まないんだ遥か先の景色
いつになりそうか
そこに行けるのは
突き進むレールの上

不安をぬぐい切れずに
誰かの後を追ってばかり
普通とは違って見えるものも
空っぽの中身が透けてる

色々なジャンルの音楽を作れるようになりたいです。

コラボ等気軽にお声がけください。正座して待ってます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • バイオリポスト inst

    by あさぬこさん

  • バイオリポスト(feat.初音ミク)

    by あさぬこさん

▲TOP