鏡歌

投稿日:2008/02/01 23:09:38 | 文字数:600文字 | 閲覧数:202 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

鏡音リンちゃん・レン君をモチーフにしました。
こんな切ない関係・・・哀しいなぁ・・・。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

近く遠く離れてく君 届かない指 もどかしくて
時を止めた 季節  鼓動は小さく小さく打ち始めた


街を歩く 人ごみの中 唯一人
喧騒抱き ノイズ響くヘッドフォン
どれだけ人に 身を寄せてみても
孤独を知った 私の体温

泣き出した空 哀しげな風 吹き抜けて
雨音響く 石畳の旋律
濡れる双眸 翡翠の瞳は
痛みに揺れる 僕の心

背中合わせで永久を過ごす
見えない姿は 存在だけを残して
同じ光宿す髪 瞳に哀しみを

触れ合うことなど出来なくてもいいよ
そこに君がいてくれるなら
わかってる そういう運命だと
だから 君を想うことしか出来ないけど

君の声は どこからか 聴こえるよ
そのソプラノは 僕の心にずっと在った
コインの表と裏 その関係は崩れないけど
ずっと傍に感じる それだけでいいから

いつも感じる 温もりは 誰のもの?
優しく囁く アルトは君の溜め息
掛替えの無いもの なのに君は遠い
もう少しだけ 近くに居たい


{だから僕は歌うよ 君に届くように}
{だから 私歌うよ 君に届くように}

{聴こえてるかな? もう一人の僕}
{聴こえてるかな? もう一人の私}

{いつまでも隣に居るから ほら笑って}
{いつまでも隣に居るから ほら歌って}

もう淋しくない だって今はもう
独りじゃない 鏡の中の君に
出会えたから もう哀しくなんてない
『ありがとう』 もう一人の君へ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP