Bubble

投稿日:2020/03/08 22:17:27 | 文字数:729文字 | 閲覧数:88 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

仮案1。

最初に拝聴した時、『水(流)』『泡』『シティ』
な印象を受けたので。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A1】
さざ波が揺れている
白い部屋の片隅
ちいさく息を交わし
メロディがほどけていく

【B1】
拡がっていくふたつの迷路
指先からは秘密の定時
ふいに見せる意味深な表情(かお)
それがいつも いつわりでも

【S1】
溶けあって まわって
海の中をおよぐ
泡のように のぼって 
細かくなって 消えて

【A2】
ささやき声はエコー
白い部屋の残り香
粘度の低い愛が
静かに満ちはじめる

【B2】
窓の向こう 遠い三日月
ぬるい風が 頬をなでてく
瞼とじて  瞳の奥に
もう一度 ふかく潜る

【S2】
溶けあって まわって
海の中をおよぐ
泡のように のぼって
細かくなって 消えて

【S3】
溶けあって まわって
海の中をおよぐ
泡のように のぼって
細かくなって 消えて

[かな]
【A1】
さざなみがゆれている
しろいへやのかたすみ
ちいさくいきおわし
めろでぃがほどけてく

【B1】
ひろがっていくふたつのめいろ
ゆびさきからわひみつのていじ
ふいにみせるいみしんなかお
それがいつも いつわりでも

【S1】
とけあって まわって
うみのなかおおよぐ
あわのように のぼって
こまかくなって きえて

【A2】
ささやきごえわえこー
しろいへやののこりが
ねんどのひくいあいが
しずかにみちはじめる

【B2】
まどのむこう とおいみかづき
ぬるいかぜが ほほおなでてく
まぶたとじて ひとみのおくに
もういちどと ふかくもぐる

【S2】
とけあって まわって
うみのなかおおよぐ
あわのように のぼって
こまかくなって きえて

【S3】
とけあって まわって
うみのなかおおよぐ
あわのように のぼって
こまかくなって きえて

ネタ、作詞、ネットストーカー、検索魔系。
ネタ&作詞は約15年、基本味付け濃い目の作詞します。
(※歌詞変更は大いに相談可)
詞の得意分野はロック、歌謡ロック、ポップス、コミックソング、いわゆる厨二系、
ピアプロ規約ギリギリのえろソン・エグソンだと思ってます。 
 
ダブルミーニング(複数の意味がとれる詞)、
男女の性差がないor少ない詞、
もどき詞(特定ミュージシャンぽく作る詞)が好きです。
 
コンペ形式の歌詞募集向けの作詞の方が得るものが多いので、
通常はもっぱらそちらで作詞しております。
作詞能力にムラがあります。
また、不採用詞も記載してますが、曲付けはお断りしております。

↓今まで詞採用して頂いた曲のPVはコチラ
http://www.nicovideo.jp/mylist/17834619

twitter ID : h-yassy

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP