恋と書いて毒と詠む

投稿日:2014/07/26 18:11:22 | 文字数:429文字 | 閲覧数:94 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

背中合わせの 鏡のように
僕らは 出会うはずなかったんだ

気まぐれに できた接点
かち合う瞳
ズレた歯車 空回りして
僕は 君色に染まる
四六時中 姿探して
見つけた背中
淀む瞳で 空見上げて
僕は恋を 毒と呼んだ

存在が 浸蝕する
恋なんて 甘いもんじゃない
じくり 染み込む毒のように
対極の君に 恋い焦がれて
僕は毒に染まったようだ

触れたくて 作った接点
かち合う瞳
ズラした世界が 空回りして
逆に私が溺れる
視線感じて 頬が染まった
動けなくなる
霞む瞳で 空見上げて
私は恋を 毒と呼んだ

存在が 浸蝕する
恋なんて 甘いもんじゃない
じくり 染み込む毒のように
対極の君に 恋い焦がれて
私は毒に染まったようだ

世界が 社会が この恋(どく)を知らない
世界は 社会は 叶わないと声を上げる

あぁそれでも 対極な僕らは
自信の毒で 支配しあって
自身の毒で 浸蝕しあって
深く溺れていくんだ

あぁ そろそろ
毒が廻ってきたようだ

マイナス思考的、ネガティブ、アンチ
素直じゃない、ひねくれ系歌詞が好き。


曲にしてくださる方随時募集しています!!!
基本Twitterに生息しております。
nana、ツイキャスも有り。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP