暗い部屋

投稿日:2017/02/24 21:31:17 | 文字数:290文字 | 閲覧数:71 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

完璧に胸糞悪い話になってしまった・・」

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暗い部屋の片隅で 誰かきてよと一人叫ぶ
誰も来ないよ兵隊が扉の向こうであざ笑う

遠く昔 優雅な暮らし
戦いに負けた男たちは
許してくれよと差し出したのはおなご

長い月日が流れても
幾万の星が流れても
少ないパンとにごった水で
また一人 夜すごす

もうだめかと諦めていたら
なんだか騒がしい扉の奥
もう大丈夫と扉が開いた
私を売った男たち

あの日負けて私売った男たち
助けたことは嬉しいのけれど
助けたお礼をしろといわれ
男たちなにもないならどうすると聞かれ
この身体しかありませんと泣き叫ぶ

暗い部屋の片隅で 誰か助けてと呟いた
誰も来ないよと男たち 私の周りであざ笑う

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP