Adventurers:03/Gnome

投稿日:2010/07/09 23:24:41 | 文字数:201文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「冒険者」を思い浮かべて描きました。
己を削りながらも最初の思いを信じ突き進む冒険者の歌。
いい意味での泥臭さが想起できたなら幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

誰が為に剣を執り
何が為に道を征く
胸に秘めた答えは
物言わぬ土と共に

埃舞う荒野の果て
朽ち果てた栄華の様に
鋼の如き誓いは
風と血にくすんでゆく

己の足で歩くための
力求め掴む手
指の間から零れてゆく
夢は最早拾えないけど

刃とともに硬く握る
ひとひらの想い出を
もう一度僕が見るとしたら
この命尽きるとき

たとえこの身が黒く染まり
輝きをなくしても
手の中の色を信じたまま
僕は歩き続ける

普段は方々のコミュニティサイトを徘徊している消費型人間です。
音感も打ち込みの技術も無い見専聴専ではありますが、
詞に曲を付けて頂いたとき、心を撃ち抜かれた気分になりました。

嬉しくて言葉に出来ない、そして何かに目覚めそう。
創作の輪が繋がるって素晴らしいことだと思います。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP