飛び方を忘れた鳥

投稿日:2010/06/20 18:34:03 | 文字数:773文字 | 閲覧数:103 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ありがち…かな?(汗)
私には珍しく前向きな詞です。
声のイメージとしてはKAITO兄さんかな。
でもミクやレンもいいなぁと思います。

Aメロとかはあくまで素人目線の目安ですので気にしないで下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

<A>
僕はまっすぐ飛んでいたんだ
脇目も振らず飛んでいたんだ
ただひたすらに
全てを我慢して
群から離れて飛んでいたんだ

雨が降っていても
風が冷たくても
僕は
飛ぶことを
止めることはできないんだ

<B>
だって
僕には帰る場所がない
街中の電線さえも
僕には
優しくはなくて

<サビ>
だけど
どんなに
飛んでもゴールなんてなくて
羽根は抜けて
翼も傷だらけになっても
僕は逃げるように飛び続けていた

そんなだから
四階から
落っこちたんだ


<A>
それから僕が目を覚ますと
知らない「地面の世界」にいて
僕の翼は
完璧に折れて
力を入れても動かなかった

死んでもいいなんて
思いだった僕に
君は
手を伸ばし
拾い上げてくれたよね

<B>
だから
僕は今でも生きている
考えもしていなかった
優しい
掌の中で

<サビ>
僕は
初めて
知った、世界のあたたかさを
こんな僕に
「まだ飛べるよ」と言ってくれる
もう逃げないと心に誓ったんだ

もう一回
飛び直そう
新たな空へ


<C>
折れた翼は
すぐに治るはずなくて
動かし方も忘れていて
涙がこぼれるときもある
もう飛べないんじゃないか
もうやり直せないんじゃないか

でも
僕は「飛ぶことを忘れた鳥」じゃない
ただ「飛び方を忘れた鳥」なんだ
君が拾ってくれた命だから
こんな僕でも信じてみよう
今では休める場所もあるんだから
次はもう落ちずに飛べるはずさ

<改変サビ>

広げて
空へ飛び立つ日を目指そう
そして君に
空の広さを語るんだ
今なら気持ちよく飛べるはずだから

近い未来
描きながら
今日もゆっくり
思い出してゆこう

emaと言います。

ニコ動好きで(一応)詩書きやってます。
ボカロが好きがこうじて歌詞にも挑戦してしまいました。
初心者ですがよろしくお願いします。

名前をtoyaから変更しました。
有名P様と被ってました。
申し訳ありません…。

またもやP名が被っていたので名前を変更しました。
検索不足ですみません…。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP