キミタチトボク

投稿日:2009/03/19 20:11:51 | 文字数:257文字 | 閲覧数:156 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

クラブでうち自身がもうクラブに行きたくなくて、
同いの子らに「同いとの関係がもう怖いねん」っていう話をして、
色々とあって打ち解けた時の気持ちを綴った詞。
思入れが今まで一番深いかも!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

街灯が照らし 映し出した影
僕の思いを重ねてみる

空(むな)しくて 苦しくて
独りだと 独りで生きてきたんだと

語りかける人も居なくて
僕は扉を閉めたんだ

前を見て 見渡して
一歩外に踏み出せば

轢かれてしまうと思っていたから
逃げ道を用意していたんだ

でもそんな今がバカみたいに
僕を照らしてくれたんだ

信じるなという言葉を胸に
今まで進んできたけど

そんなんじゃ何も出来ないと
君たちは気づかしてくれたんだろう?

前を見て 見渡して
一歩外に踏み出せば

僕はもう一人じゃないんだ

ありがとう

大阪府の女子高の軽音楽部でボーカルをやってました。


曲・絵付けしてくださる方大募集!!
あと曲や絵に詞もつけます!!
リクエストとかも受け付けています!
お気軽にお声をかけてください!

主催コラボ↓

「絵&曲&動画制作を手伝って下さる方募集中!」
http://piapro.jp/collabo/?id=13720

「初心者様大歓迎!!作曲・絵・動画製作者様へ!」
http://piapro.jp/collabo/?id=10628



素敵な方とのコラボ曲
http://piapro.jp/bookmark/?pid=riyo64&view=audio&folder_id=41596

絵を付けていただいたもの。
http://piapro.jp/bookmark/?pid=riyo64&view=image&folder_id=41634

曲付けしてもらった詞
http://piapro.jp/bookmark/?pid=riyo64&view=text&folder_id=47703

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP