ある時ぼくら目が覚めて
不透明な道を歩んでいく
その途中で何度も拾い集めて
同じように何か捨てていく
運命のように見えるそれはいずれ
あなたを救い、時に傷をつける
ただ最初の一歩目は確かな
あなたが決めたこと

こうして想いは遠く繋がっていくんだろう
ぼくらはそれをきっとずっと
信じてくのだろう

不完全で良いんだよぼくたちは
それすら美しいって思えるから
少しだけ潤った心も
まだ染め上げてほしいんだよ!
不安定な道も進んでいこう
試されていくのも人生だろう
わたしにはそれがわからないけど
また紡がれてほしいの

始まりはいつだって誰だって
見えないことだらけ不安だらけ
怖くなって縮こまってへこたれて
歩き出せないままの一歩目
それでも止まるには早いだろう
それでも走るには遅くないだろう
わたしとあなたとぼくの分まで
共に捧ぐ
"はじまりのうた"

不透明な未来に向かっていこう
それもわたしとなら怖くないだろう?
涙や水で満たされても足りないから
まだ歩いてるんでしょう?
築いて創られる文化と
気付いて生まれてく変化の
はじまりとおわりで始まっていく
そして、終わらない
VOCALOID MUSIC

この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

はじまりのうた / 初音ミク

マジカルミライ2024楽曲コンテスト応募楽曲

閲覧数:1,481

投稿日:2024/02/01 00:39:04

文字数:507文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました