屋上にて。(3)

投稿日:2012/03/21 22:10:44 | 文字数:1,496文字 | 閲覧数:126 | カテゴリ:小説

ライセンス:

屋上では会わなくなる、二人。 そしてどんどん、崩れ始める。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


恋人になって、早3ヶ月。

私たちは、3年生―受験生―になっていた。

受験生という、重みもあり一時期、迷惑をかけた。

今は大丈夫。 私たちが付き合っているのは、たちまち広まった。

私は全然よかったけど、清水はなんか照れてた。・・・可愛いな、おい。

あぁ、ノロケそう。ダメだなー・・・なんて考えてると、教室移動をする時間になっていた。

「そろそろ行くかな。」

ちなみに、私と清水は違うクラスだ。 辛い。

同じようなこと考えてるのかなー・・・とか、悩む。

何してるんだろうとか、何でもない疑問を抱く。

「亜紀?何ぼーっとしてんの? 早く行くよ。」

と、優希に言われて慌てて教室を出る。 ちなみに優希は、3年間クラスが一緒の親友だ。

優希達に追いつこうと廊下を走っているときに、清水を見た。

他の女の子と、すごく楽しそうに喋っていた。


「~で、こうなるんだぞ。ノートに書いておけ、それで覚えろ。テストに出るからな。」

誰だったんだろう、あの子・・・

「ここよく分かんなーい!あとで教えてくんない?って亜紀、聞いてる?」

私に言っていたようだ。 ノートをとっていないから、教えるも何もないのだが・・・

「あ、あぁ・・・ごめん聞いてなかった。」

返答し、消されないうちに黒板に書いてあることを、ノートに写す。

「なんか今日、ずーっと上の空じゃない?何かあった? 勉強教えてくれたら、相談乗るよ?」

後半は冗談っぽく、笑う。

「大丈夫よ。 んじゃー、勉強教えてあげる。相談乗ってくれるんでしょ?」

勉強を教えるのは嫌いじゃないしね。

「うん、もちろんじゃん!! やったー!ありがと、亜紀!!」

どれだけ喜んでいるんだ、こいつは。

「どうしたしまして。」

優希との会話で、気分が晴れた。



放課後。 

部活は、吹奏楽部に所属していたが、3年生として引退し家に帰るようになった。

勿論、清水と一緒だけど。 たまに家にお邪魔させてもらっている。家に呼ぶこともしばしば。

今日は、清水が待ち合わせの校門に来るのが遅れるんだとか。なんでだろ?


30分後。

やっと清水がきた。

「あ、亜紀。 帰っててよかったのに・・・」

一人じゃ帰りたくないよ、私。

「一人で帰るなんて嫌なの」

寂しげな表情で私は呟く。

「・・・ごめんな?」

寂しかった。

「いいよ。 事情があったんだろうし。」

出来ればその事情を教えてほしいんだけど、と表情で訴える。

「あぁ、ちょっと色々あってな。気にすんな。」

いや、気にすんなじゃないでしょ。気にするよ。

「また、隠し事するんだ」

付き合う前に、告白する前に、隠した。 約束を破ったことを曖昧に誤魔化された。

「あ、いや・・・ごめん。これは本当に言えない。でも、お前が心配するようなことじゃない。」

何それ。意味がわからない。 泣きたい。

「何それ・・・意味分かんない、本当分かんない・・・ そんなこと言ったって、心配するに決まってるでしょ・・・・・・」

泣きかけで言う。

「泣くなよ。 絶対大丈夫だから、な?」

そう言いながら、私を抱きしめてくれた。

あったかい。 心地よい。 落ち着く。

でも、だからと言って心配が消えるわけじゃないの・・・!


「もうさ、距離置かない? 私たち」



清水の顔は絶望の色で染まっていた。







続く。


新キャラ:伊藤優希(女)
     3年3組(亜紀も同様)
     
     これからどんどん、活躍する予定です。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP