感情航空紙飛行機便

投稿日:2011/09/17 00:25:00 | 文字数:467文字 | 閲覧数:185 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

普段は歌詞募集中の曲に詞を書いているんですが、今回は曲募集という形で書きました。
「それをすてるなんてとんでもない」でも捨てるんじゃなくて届けるならいいんじゃないかなって詞です。

構成はA'-A-B-S-A-B-S-S-S-S-Cって感じでしょうか。

参考までに書いてたときの自分の中では女性ボーカルでアップテンポなイメージでした。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕の心の中には
いくつもの紙が散らばって
形も色も大きさも
バラバラのソレを拾って
飛行機型に折った


今日はそこに落ちている
青色の紙で折ろうかな
見えないくらい遠くまで
飛ぶように綺麗に折って

そっと吹いた風に乗せた
ソレはすぐに見えなくなったけど

僕の中に散らばった
青の紙は飛びやしない
ボタリみじめに足下に
落っこちてそのままなんだ


今日は赤にしようかな
それとも黄色にしようかな
よく飛ぶような折り方を
調べ上げ両方折った

すぐにふたつ消えていった
予想通り足下に沈んだ

僕の中に散らばった
紙はどれも飛びやしない
無残なソレを見下ろして
ぐしゃりって踏みつぶすんだ


僕の中に散らばった
ソレは僕の"感情"とか
そんな名前のヤツでした
ならきっと当然なんだ

どうやってもそんなもん
飛ぶわけない 捨てられない
それでも僕はもう一度
拾い上げ飛行機にする

だけどもしも行く宛てが
あるのならばどこまででも
飛ぶだろうって思うから
ボロボロのソレをまた折る

捨てるんじゃない
どこかに誰かに届けるために

はじめまして、でこぼこです。
基本的に歌詞募集中の曲に詞を応募させて頂いていこうと思っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP