夏の箱庭

投稿日:2015/07/30 08:31:03 | 文字数:690文字 | 閲覧数:135 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

【歌詞募集!】女性ボーカルユニット新曲
応募させて頂きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

私の知らない街へと続いた
古びた線路 あなたは今どこに


影法師 ほら 彩づく
ねぇ幼い日々の約束は あの夏の日のまま

私の知らない街へと続いた
古びた線路を見つめるだけ

ここは箱庭 旅立ったあなた
あの日と同じく笑ってるのかな ずっと
眠れないよ


窓の外 もう 乾いた風が すぐそこまできてる
あなたが戻る合図ね
「いつまでも ふたりずっと この場所で生きてく」
少しも動けずにいる
私の時間だけが止まったままで

華やかな街 魅せられたあなた
振り返る素振りは 見せもせずに
私はここであなたがいる夏
待ち続けている 何食わぬ顔で今も
ここにいるよ


陽炎揺れる
夏の箱庭


-----------------------------
平仮名歌詞

わたしのしらない まちへとつづいた
ふるびたせんろ あなたはいまどこに

かげぼうし ほら いろづく
ねぇ おさないひびの やくそくは
あのなつのひのまま

わたしのしらない まちへとつづいた
ふるびたせんろを みつめるだけ
ここは はこにわ たびだったあなた
あのひとおなじく わらってるのかな
ずっと
ねむれないよ


まどのそと もう かわいたかぜが
すぐそこまできてる
あなたがもどるあいずね
「いつまでも ふたりずっと このばしょで いきてく」
すこしもうごけずにいる
わたしのじかんだけがとまったままで

はなやかなまち みせられたあなた
ふりかえるそぶりは みせもせずに
わたしはここで あなたがいるなつ
まちつづけている なにくわぬかおで
いまも
ここにいるよ

かげろうゆれる
なつのはこにわ

のんびりと作詞。

どなたでもお気軽に繋がって頂けたら嬉しいです(^^)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP